第1389回 ウォーキングの結果を記録する効用

 今日は朝6時に起きて早朝ウォーキング。このところウォーキングに行った日とその歩数を一覧表に記入するようにしています。これによって「このところしばらく歩いていないなあ」とか「最近がんばって歩いているな」というのが目に見えるようになり、それがまた励みになっています。

 今月は今日が27日ですが、途中1週間ほどバンコクに行っていたので、実質自宅周辺を歩く機会があった日は20日間。このうち実際にウォーキングを行なった日が10日間。二日に1回のペースです。

 またトータルの距離は10日間で6万歩。1回の平均が6000歩。歩幅は0.75mぐらいかなと思っているので1回4.5kmぐらい。ちょうど良いかなと思えるぐらいです。

 この記録をつけるようになったのと、これまでは夕方だったウォーキングの時間帯を、早朝や暖かくなった昼間に変更したため、この1週間は、7日間の内6回歩いています。

 ウォーキングの効用は、今更ながらですが、朝の場合はとにかく空気がきれいですがすがしい。今の時期は6時半ごろ、近くの建物の上に太陽が昇ってくるのですが、日の出と言うのも気分を高揚させます。

 「よし、今日もがんばるか」となんとなく思えてしまうから不思議です。御先祖様もこの日の出を見て、「よし今日はたくさんの獲物と木の実を確保できるぞ」といったような気持ちになっていて、それが遺伝子に刷り込まれているのかなと思います。

 朝の場合は、実際に歩き出すとここ数日は結構寒いです。特に一昨日は北風で、玄関から外に出た途端めげて屋内に退避。しかし風が無ければ、多少寒くても、歩き出して15~20分ぐらいすると体がぽかぽかしてきます。

 昼の場合は、このところはまだ暖かいので、場合によっては半袖と言うこともあります。

 いずれにしても、このウォーキングを行なった日は、胃腸の動きもよくなるようで、ごはんも美味しいし、適度な運動になっているのか、夜の寝つきも良く、睡眠も深いと感じています。

 というわけで、ウォーキングの記録を付け始めてまだ一ヶ月ぐらいですが、結構励みになりそうなので、これを読んでいる方にもおすすめしたいと思います。

 持参するのはストップウォッチか歩数計。出発から帰ってくるまでの時間や歩数を、面倒なカレンダーに記入するだけでも、ずいぶん気持ちが変わると思います。おすすめです。
 
関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
136位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。