FC2ブログ
HOME   »  高血圧  »  第1399回 血圧の値を決める外的要因と内的要因

第1399回 血圧の値を決める外的要因と内的要因

 心臓と血管の関係、そして最高血圧と最低血圧が示される原理を説明してきました。このあたりからいよいよ本題に入るわけですが、ではこういった血圧はどんなことを条件に決まっていくのか、血圧を決める要素というのを考えてみたいと思っています。

 一般的な高血圧の原因とされているものを、今思いつくままに列挙すると

・ ストレス
・ 体重増加
・ 暴飲暴食
・ 塩分取りすぎ
・ 運動不足
・ 睡眠不足
・ 不規則な生活
・ 寒さ
・ 冷え

等々、様々な要因があるはずです。従って血圧の診療とは、本来こういった背景を患者さんから聞き出して、その血圧上昇が一過性のものなのか、継続性のものなのかを判断し、さらに降圧剤の服用を始めたら、基本的に飲み続けなければならいということをきちんと説明してから薬を処方すべきだと思っています。

 それはそれとして、問題は上記のような外的要因があると、なぜ血圧が上がるのかということを患者自身も知っておいたほう良いと思っています。

 だとすると次に考えなくてはいけないのは、血圧というのは、体の構造上から考えて、どんな内的要因で決められているのかということです。これについてはネットを検索すると、専門家がきちんとまとめてくれています。

1 心臓が送り出す血液の量、強さ

2 毛細血管に枝割れしていくときの抵抗

3 体内の血液量

4 血液の粘度

5 血管(動脈)の弾力性

といったことです。高血圧患者の場合、これらの5つの因子を左右している外的要因が、最初に書いた血圧上昇の外的要因となっているわけです。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。