FC2ブログ
HOME   »  高血圧  »  第1402回 年金暮らしで運動不足になり血圧上昇?

第1402回 年金暮らしで運動不足になり血圧上昇?

 体重増加は血圧上昇につながると書いていますが、運動によって筋肉が増えた状態なら、それに伴って心臓の筋肉もそれなりに鍛えられているはずなので、血圧は上昇しないはずです。

 つまり問題になるのはやはり脂肪ということになるわけです。私の場合、大学時代の体型はかなりのやせ型でした。体質だと思っていました。

 その後喘息が少しずつ軽快したこともあり、就職先の高校で卓球部の顧問を務め、一時期生徒とともにかなり一生懸命卓球の練習に打ち込みました。

 その時期は脂肪よりも筋肉がついたと思っています。ところが、人事異動により職場が変更になり、新たな場所で様々な責任を負う立場となり、ストレスが激増。

 アルコール量が増え、食事量が増え、運動不足もたたり、首筋の後ろがいつも熱く感じ、肩がこわばるようになったため医者へ行くと、高血圧という診断で、それ以降降圧剤を飲み続けています。

 このころの体重は、もっとも重い時で67kgぐらいでしたから、卓球をやって筋肉がついたと思われるころの体重と比べても10kg以上増えています。

 実は私の専門は物理なのですが、そこにエネルギーという分野があります。そのエネルギーの中で、物理では運動エネルギーという語句がよく出てくるのですが、これは公式でいうと1/2×(質量)×(速さの二乗)という公式になります。

 質量というのは、人間でいえば体重に該当しますが、同じ速さで歩こうとすると、この公式から考えると体重が55kgの時と67kgの時では、その必要なエネルギーは約1.2倍になります。

 つまりそれだけ血液から酸素を供給しないといけないということになり、これまた、標準血圧だった人が、運動不足で脂肪のみが増加した場合、血圧が2割程度上昇するという証明になりそうです。

 というわけで、要するに体重(脂肪)を減らせばよいということになるのですが、年金暮らしになると、フルタイムで働いていた時より明らかに運動不足だなと感じます。

 ここのところ都内に行く用事が何回かあり、そのたびに歩数計を持っていくのですが、帰ってくると8000歩前後歩いています。これなら何も日ごろからウォーキングをしなくても、通勤だけでウォーキングになるんだなと思えます。

 しかし普段は自宅の周りをウロウロするだけですから、やはり運動を意識して食事量を変えない限り、ますます脂肪が蓄積されるという結論になります。


関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。