第1417回 突然の血圧上昇の原因は、毛細血管の血行不良?

 小さい時から喘息やアトピーで苦しめられ、しょっちゅう病院通いをしていたせいか、自分の体調には敏感です。今はバンコク近郊のパタヤというホテルでこれを書いていますが、昼寝から覚めたところです。

 バンコクに来る数日前に、突然の血圧上昇を感じて、深夜に不安な思いをしたことを前回書いて、そのままこちらに来てしまいました。

 この時の対策ですが、翌日いろいろ考えて、先ずは水分量を増やしました。やはり寒くなっているので、のどの渇きをあまり感じることがなく、いつのまにか水分不足になっていたのではと思ったからです。

 また水分も、効果があるかどうかは不明ですが、水ではなく日本茶を飲むようにしました。これはもしかしたら気休めかもしれません。

 その他に、もしかしたらこれが一番効果があったのではと思ったことが一つあります。それは体操。以前も冬場はやっていたのですが、この冬は暖冬傾向だったので、ウォーキングをすれば十分と思っていました。

 しかし上下の血圧が高いということは、要するに常に血液の圧力が高いということで、この場合考えられるのは、組織末端の毛細血管の血流が滞っているということだと判断しました。

 つまり体全体の血流が冷えと運動不足で悪くなっているということです。そこで以前録画したNHKのラジオ体操の第一、第二を丁寧に実施。

 さらに自分なりに首、肩、関節、股関節さらに手首や足首を充分にストレッチ。本格的なやり方は不明ですが、ともかく気持ちが良いと思える方向に体を曲げたり伸ばしたり。これを30分ほどやっていたら、身体も暖かくなり、何となくですが体調も回復。

 というわけで、やはり歩くだけでなく体全体を常にストレッチするような運動が、冬場は特に大事なんだなと、改めて感じました。

 これは私の個人的な考えですが、身体のあちこちが寒さで堅くなってくると、糖分やコレステロールで凝集した赤血球が、毛細血管のあちこちで詰りがちになり、それを察知した神経系が、無理やりその流れを作ろうとして血圧をあげるのではという印象があります。

 そうでないと普段通りの生活をしていて、突然血圧が上がり始めるという現象をうまく説明できません。

 いずれにしても、今は暖かい場所にいて、毎日動き回っているので、肉体的には疲れますが、血圧は下がっているように感じられます。ただ今後は携帯式の血圧計が必要だなと思っています。


関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
136位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。