FC2ブログ
HOME   »  高血圧  »  第1425回 心電図で「左心肥大」を指摘されました

第1425回 心電図で「左心肥大」を指摘されました

 ここのところ生活に支障がない程度の体調不良が続いています。そう思って朝はたっぷり寝るようにしているのですが、今日は起きたら8時でした。

 減塩を意識して、朝食はごはんからパンに変えました。ご飯だとつい干物を食べたり、味噌汁を一杯飲んだりしてしまうからです。

 トースト2枚と卵等のおかず、飲み物はお茶という感じですが、食べ物に気を使いだすと、トーストに塗りたくっているマーガリンはどうなんだろうといちいち気になります。

 しかしすべてを気にしていたのでは、食事がまったくおいしく感じられなくなり、それこそ「ストレスで血圧が上がってしまうなあ」なんてことを考えながら朝食終了。

 食べながら新聞を読んでいるのですが、オリックス生命が新しく病気があっても入れる医療保険を開発したという広告が出ていましたので、あとでネットで確認しようと思っています。

 それはそれとして、朝食を終えて新聞を読んでいたら、またしても不整脈です。よほど頻脈や徐脈でない限り問題はなさそうなのですが、胸のあたりにもやもや感がただよい、ちょっと不快です。

 「困ったな」と思いつつ、いつもの降圧剤のバルサルタン 80mgを服用して30分後、なぜか不整脈が収まってきました。降圧剤で不整脈が整うこともあるのでしょうか?これも調べてみないといけません。

 しかし不整脈が続いていることと、ちょうど降圧剤が切れかかっていたので、いつもの診療所に行き、不整脈についても話をしてきました。(幸か不幸かその時は落ち着いていて、多少速さが早くなったり遅くなったりしているかなあ、というのが医師の所見です)

 血圧は家で出がけに測った時よりも高くて160/100ぐらいでした。家ではこのときは140/90ぐらいでした。

 一応心電図も取りますかと言われたのでお願いしましたが、表示された波形はきれいに等間隔でパルスが出ていました。ただ医師は「少し左心肥大がありますね」と教えてくれました。

 「血圧の影響でしょうか?」と聞くと「そうです」とのこと。帰宅して早速ネットで調べてみると、通りにくい血液を無理やり心臓が送り出すために、心臓の心筋が厚くなって、心臓全体が少し大きくなるという現象(病気)のようです。

 これが進行すると狭心症や心筋梗塞に発展するときもあると書いてある記事もあって、「こりゃ本気で血圧に取り組まないとまずいな」と思うようになっています。

 というわけで3時過ぎから今日もウォーキングに出かけようと思ったのですが、外に出たら北風が強くて、それだけで血圧が上がりそうに感じたので、すぐに家に避難。

 しょうがないので、今から夕食を準備するまでの30分ほど、室内でラジオ体操やストレッチをしようと思っています。ちなみに今測定したら155/96ぐらい。やはり高いです。肩も凝ります。ブログなんて書いている場合じゃないなという気もするので、今日はここまでです。
 
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。