第1466回 アレルギーは辛いけど、異物は排出したほうが良いはず

 本日午前中は仕事。久しぶりに2時間ほど立ったままの仕事でしたが、手術部の異常は全く感じられず、ようやく本調子に戻ってきたなと感じています。

 時折、全く動いていないのに、ピリッとした痛みや、圧痛を感じることがありますが、それ以外は手術をしたことすら忘れているようになっています。

 逆に、何気なく思いっきり腹筋を使ったり、咳をしたりしたとき。「あっそういえば手術をしたんだった。痛くなかったな」と思い出す程度です。

 ただし手術跡は、メスを入れた場所に沿って、若干の盛り上がりがまだ残っています。またその部分を押すと、組織が固くなっていて痛みを感じます。

 当初はこの盛り上がり周辺のお腹も押すと痛かったのですが、最近は傷口部分のみの痛みとなってきました。

 今後はこの盛り上がりも徐々に消え、硬くなった組織も少しずつもとに戻るのかなと思いますが、依然と全く同じ状態には戻らないんだろうなという気はします。

 というわけで、順調な回復だなと感じていたので、更新も3日ほどしませんでした。

 一方その間に花粉の飛散量は急増しているようで、今日は雨なのでまだよいのですが、ここ数日の暖かい天気のもとでは、マスクなしで数百m歩いただけで息苦しさを感じました。

 母親の送迎でかかりつけの診療所にも行きましたが、待合室は花粉症の患者さんだらけみたいで、いつもよりかなり混雑していました。

 体のアレルギー反応というのは、本来体内に入って欲しくない異物を素早く免疫システムが感知して、それを咳やくしゃみ、鼻水といった形で体外に排出する反応だと思っています。

 だとすれば、これらの物質は本来体に取り込むことは良くないわけで、同じ花粉症の治療でも、抗アレルギー剤を服用して見かけ上の反応を抑え込むのは良くないなと思っています。

 つまり異物は異物として、辛い反応ですが早いうちに排出したほうが長い目で見たときガン等の原因になりにくいということです。(個人的な見解です)

 その意味ではアレルギーというのは正常な反応であって、反応しないというほうが異常なような気もします。


関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
665位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
148位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。