第1474回 花粉の時期は血圧が上がるのでは?

  前回、明日書きたいと書いておきながら更新できませんでした。この間深夜に血圧上昇を感じることが多く、気分的にもいまいちでした。

 どうして暖かくなってきたのに血圧が上がるんだ?ある年は5月からディオバン80mgを60mgに減量した年もあるのに、今年は薬が増えてしまい、精神的にも落ち込みます。

 しかし落ち込んでいるだけでは解決しませんので、原因をいろいろ考えていますが、その前にこのブログの過去ログを見てみました。すると2年前の4月22日の第1182回の記事に、似たような記述がありました。

 やはり予想外の時期の血圧上昇に戸惑っている記載です。ただ昨年の春は順調だったようで、そのため2年前のことを忘れていました。

 問題は原因です。ネットを使って「血圧対策」というのを調べると、「食生活」「ストレス解消」「運動」「睡眠」といった項目が出てきますが、そういった部分に思い当たらない場合の対策というのがなかなか見つかりません。

 一昨年は、個人的な対策として水を少し多めに飲んで、要するにドロドロ血液をサラサラに近づけるという努力をしてなんとか収まったようです。

 しかし今年は、水分補給を意識してもなかなか改善の兆しがありません。食生活に気を付け、仕事がないのでストレスもない。運動はウォーキングを行い、睡眠は8時間寝ているという状態でなぜ血圧が上がるのか?

 こうなると対策の立てようがないなと感じます。もしかすると病的な部分もあり、腎臓や心機能の衰え、糖尿病の兆候?とまで疑ってみますが、つい先日鼠蹊部ヘルニアの手術を行ったときの血液検査では、コレステロール値がわずかに高い以外特に問題はありませんでした。

 となると・・・・やれることは、これまで以上に運動をして、食事内容を考えつつ量を減らし減量に努めるという事でしょうか?しかし私の体型は標準です。(172cm61kg)

 というわけで、今になって急に血圧に問題が出たとして、これまでと何が違うのかと突き詰めて考えて思いついたのが、花粉です。もしかしたら花粉が口呼吸で胃に入り、それが悪さをしているのではと思えてきました。

 これなら私と同じ遺伝子を持つ母親に同じ症状が出ていることも納得できます。ネットで調べてみると、花粉で血圧が上がるのではと疑いを持っている人は結構大勢いるようです。

 人間の体は微量のホルモンで調整されていますから、その微量のホルモンに比べれば、花粉の量はものすごい大量になると思うので、影響を受ける可能性はあるなと思っています。

 だとするとゴールデンウイークぐらいまでの辛抱でしょうか?あと二週間ぐらい。長いです。しかしその頃血圧が下がってくれば花粉との関係が証明できそうなので、少しマメに血圧を測定しようと思っています。


関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
136位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。