FC2ブログ
HOME   »  高血圧  »  第1478回 高血圧にもいろいろな原因があるはず

第1478回 高血圧にもいろいろな原因があるはず

  「血圧が上がってきた」と簡単に言いますが、今回の血圧上昇で感じたことは、患者はその上昇に対して時間的な要素も加味して考えるべきだなと思うようになってきました。

 つまり1年中血圧が高いのか、冬場だけ高いのか。若しくは寒い日だけ高いのか。というような時間的な要素を加味して、血圧が高い原因を考えないといけないという事です。

 1年中血圧が高い場合は、体自体がそういった環境に常にさらされているというわけですから、その原因は動脈硬化や肥満、もしくは一般的に言われる「加齢」が原因だと思われます。

 ただし「加齢」というのは便利な言葉で、実は具体的な原因は何も語っていないような気もします。(あえて言えば動脈硬化かなという気はしますが)

 次に冬場になると血圧が上がるというのは、これは間違いなく気温によるものですから、毛細血管の縮小が主原因で、その副次的要因として、動脈硬化や血液の粘性が高い(コレステロールや糖分の影響)、太ももの冷え等が原因になりそうです。

 また夏場に高いなんていうのは、ビールの飲みすぎ(内臓への負担や糖分摂取量の増加)、塩分取りすぎ、といった食事の問題が主原因となっているような気がします。もしかしたら水分不足もあるかもしれません。

 その他、季節には関係なく、妙に血圧が高いというような場合は、ストレス、睡眠不足、体重増加、不安、緊張といった要素がありそうです。

 さらに本当に一時的に上がるものとして、コーヒーや栄養ドリンク剤に含まれるカフェインの影響とか、昼間にしょっぱいラーメンを目いっぱい食べたとか、突然誰かとけんかになったとか、必死に走る必要があったとか、まあいろいろ考えられます。

 さらにさらに、遺伝的な病気が原因である場合もあり、ネットで検索すると、単なる緊張で突発的に血圧が上がる「白衣高血圧」なんてのもあります。

 また1日の中で朝だけ高い「早朝高血圧」や深夜に高くなる「夜間高血圧」というのもあり、ただ単に「高血圧」といってもさまざまなバリエーションがあります。

 しかしこれらをひっくるめてすべて「高血圧」という一言で処理され、さらに一定の数値を越したから降圧剤を服用しましょう、という医療行為しか行われていないことに、強く不満を感じます。

 とはいうものの、上に書いたようなことを考慮して患者に問診していたら、一人の患者を診察するのに最低30分から数時間の時間が必要で、その意味では医療のコストパフォーマンスの問題も絡んでいる気がします。

 というわけで、患者側としては、医師からのカウンセリング的な指導は期待できそうもないので、自分で原因を究明して、なんとかそれを修正していくしかないということになりそうです。


関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。