FC2ブログ
HOME   »  くも膜下出血  »  第1524回 浣腸体験の顛末

第1524回 浣腸体験の顛末

 浣腸をしてもらい、何やら下腹部でうごめきを感じ、慌ててトイレにこもりました。何とか便座に座り込み、「やれやれこれで何が起きても大丈夫」と安心した瞬間、下腹部のうごめきが消えていきます。

 「????なんじゃこれは?浣腸の効果はどうなったんだ?」と思って次の展開を待ちますが、どうやら私の便秘はかなりしつこいようで、予想していた様子とはだいぶ雰囲気が異なります。

 「う~ん、これは困った。恥ずかしい思いをして、便意まで感じたのになんちゅうしつこい、強固な便なんだ。こりゃさらに浣腸を追加か」と思いだしたころ、ようやく動きが。

 便座に座って約5分。最初に出たのが情けない、息が漏れるようなおなら。さらにプププという音が聞こえ、やがて少しずつ便意が。「あっこれなら出るかも」と思ったころ、ようやく最初の便がちょこっと出ました。

 いわゆる直腸の出口付近でスクラムを組んで出るのを阻止していた便の一部だと思われますが、ついにその牙城の一角が崩れたということだと思います。

 それを合図に、その後続部隊の一団が出てきて、にわかに忙しくなってきました。しかし後続部隊の一団が通り過ぎると、再びおなかは沈静化してしまいました。

 ただこの一団が出たことでおなかの圧迫感はかなり薄れ、「これなら一段落だ」と思えたので、とりあえず量は不十分ですが「こんなもんだろう」と判断してトイレを出ます。

 「やれやれようやく出たか」といったんトイレを出て部屋で静かに過ごしていると、数時間ごとに便意が押し寄せ、そのたびにトイレへ。

 どうやら浣腸と言うのは爆発的に作用するものではなく、数時間ごとに断続的に作用するものだということが分かってきました。便意があるたびにトイレにこもっていると、結局数日分と思われる量が出ておなかはすっきり。

 ただ夜になって寝ているときでも時々便意を感じるので、その処理に苦労しました。翌日(昨日)午前中に少し名残があって、それが終わるとピタッと便意はなくなりました。

 というわけで昨日は快適な1日でしたが、午後に転院に向けた医師からの総合的な説明があり、これを聞いていささかがっくり。まだまだ試練は続くんだなというのが率直な感想。

 おなかの調子は良くなったものの、それ以上に今後再発の危険性があるみたいです。それについては、今日これから転院予定なので、次の病院で落ち着いたらアップする予定です。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。