FC2ブログ
HOME   »  くも膜下出血  »  第1538回 退院前に家庭訪問?があります

第1538回 退院前に家庭訪問?があります

 この病院の食事は個人の部屋で食べるのではなく、いわゆる食堂のような場所に時間ごとに集まって食べています。これだと患者さんは自力でそこまでいかなくれはならず、ある意味リハビリになっているのでは思われます。

 中には病室から付き添いの方と一緒に来る人もいるようなのですが、それ以外の人は自分で移動していますので、看護師さんたちの手間暇も少し楽になっているのかもしれません。

 そんな人が私のフロアには40人ほどいるようなのですが、その中かさらに6人の選抜メンバーが選ばれています。この人たちは精神的に安定し、自力で歩行でき、移動に介助を必要とせず、食事のルールを理解しています。

 要するに体がちょっと不自由なだけで、あとは全く問題のない人になるわけですが、この栄えある?選抜メンバー5人の中に私も選ばれていいます。

 時間が来ると食堂に行き、他のメンバーと談笑しながら食事をして帰ってくるという優雅な生活?です。食事はセットになっているものが、時間になると運ばれ来るのですが、人によって若干メニューの内容も異なるようです。

 私の場合はご飯が少し多めになっています。パン食を好む人もいるみたいです。

 飲み物はお茶等があるのですが、これも基本的に急須にお茶やお湯をいれ、各自の容器にお茶を入れるのも自分たちでやっています。リハビリ代わりだと思っています。

 というわけで、いわゆる軽症の人が集まっているグループだと思うのですが、最近このグループの数名が次々と外泊をしています。どうやら退院向け準備のようですが、話を聞いてみると結構手続きが面倒みたいです。

 実は私も来週の月曜日に、退院に向けた第1回家庭訪問?が予定されています。(数回あるみたいです)これまでの病院では「じゃあ退院します」と病院側に伝えて、適当な日に退院すればよかったのです、療養型病院の場合は退院後の生活に病院がかかわるみたいで、実際の手続きは結構面倒みたいです。

 次回の初めての家庭訪問(17日の月曜日)ですが、私と一緒に病院スタッフが数名自宅に行くそうです。最初何を大げさなと思っていたのですが、どうやら療養型病院からの退院は、本当に退院してからまともな生活が出きるのかということを確認する必要があるみたいです。

 ということは現状の自宅をそのまま見せることになるわけで、そこで本当に本人を帰らせて(退院させて)まともな生活ができるのかを確認するということです。

 ではどんなことをチェックするのか?これはまだ体験していないので一緒に食事をしている人たちから情報収集をしていますが、要するに基本的には動線の確認です。

 つまり、玄関からリビング、寝室、キッチン、バス、トイレ等がスムースに移動できるかということを、複数の目でチェックするということのようです。(続きます)


 

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。