FC2ブログ
HOME   »  くも膜下出血  »  第1554回 ユニクロまで大人の遠足に行きました

第1554回 ユニクロまで大人の遠足に行きました

 1日火曜日の疲れが出たのか、昨日2日は何となく体がだるく、夜は8時を過ぎると眠くなってきたので、早めにベッドへ。ベッドからテレビを眺めていたら、「試してがってん」で腰痛特集をやっていました。

 なるほど今私がリハビリでやっている体操がまさに該当するなと思って見ていたのですが、そのうち妙に眠くなったので寝てしまいまいました。就寝時間8時半。小学生低学年並みです。

 起きたのは6時ですから、途中トイレに起きていますので9時間ぐらい寝ていたことになります。とりあえずパチッと目が覚めましたが、自宅のベッドに比べるとやはり寝足りないなと感じます。何が違うのかよく分かりません。

 さて1日ですが、ユニクロまで出かけた日です。朝6時半に起きて、いつものようにブログを更新。しかし「この日はこれから出かけるんだ」という気持ちが強く、なぜか若干興奮気味。

 二か月ぶりの自宅以外への外出ということで、気持ちを落ち着けようとしてもどうも落ち着きません。8時近くになったので、いつものように血圧を測ってみると、なんと147/88という数字が出てびっくり。

 以前なら「いつもよりちょっと低いか」と思って安心する数値ですが、ここひと月は高くても130台、下は高い時で80弱でした。やはり出かけるんだという心理的圧力が血圧に影響しているんだなと思わざるを得ません。

 ただ「血圧が高くて出かけられません」というほどではないので、先ずは朝食を食べて9時ごろ再度測定。すると122/77に下降。やはり朝方は興奮と水不足の影響かと感じました。

 その後1時間ほど普通のリハビリを行い昼食。食後いよいよ出発。小学生のようにバス代とおこずかいを確認。同行のスタッフ2名は、1名がカメラ、もう1名が万が一に備えて救急セットを持ち、万全の体制。

 出発直前の1時ちょっと前に再度血圧。すると144/92に上がっていました。出かけるというだけで血圧に与える心理的影響は大きいんだなと改めて感じました。

 最寄りのバス停まで1kmほど歩き、バスに乗車。久しぶりのバスですが、車体がこぶりで、いつも乗っている成田へのリムジンやハワイのザ・バスに比べて段差も小さく乗りやすかったです。

 車内はガラガラ。10分ほどの揺られて下車。そこから100mほど歩いてユニクロへ。平日なので店内はガラガラ。久しぶりに商品を見ましたが、○990円と書かれている正規の商品は無視して、奥の方の片隅に積んであったバーゲン品のワゴンへ。

 ここでちょっと安いフランネルのシャツをお出かけ記念に購入。定価1290円でした。後は靴下を2足追加し、およそ10分ちょっとで買い物終了。私は買い物で長い時間は迷いません。

 店をでて、帰りは歩いて帰るというのが約束でした。距離的には3km前後だと思います。ひたすら歩いて帰ってきましたが、さすがに疲れました。

 ただ足が筋肉痛になるというようなことはなかったです。無事病院にたどりついて、持参した歩数計を見ると6400歩。これなら旅行に行って、あちこち歩き回れるなと思いました。

 出かけるのに少し勇気が必要でしたが、スタッフの気遣いもあり、楽しい大人の1日遠足になったなと思っています。翌日(昨日ですが)購入したシャツを早速着てみたら、柔らかくて暖かく、着心地も良く気に入りました。

 ますます退院が近づいたなという感触を得ることができました。今日もリハビリ頑張ります。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。