FC2ブログ
HOME   »  くも膜下出血  »  第1562回 起き掛けに腰痛ストレッチ

第1562回 起き掛けに腰痛ストレッチ

  自宅に戻って3日目。昨晩は妙に風が強くて外がうるさかったのですが、精神的にはリラックスしてよく眠れました。以下はハワイ関連ブログに書いた記事を一部コピーしてます。

 今日の朝は6時半に起きて、先ずはエアコンで部屋を暖房。(夜は暖房を使っていません)少し部屋が暖かくなったところで、入院中に覚えた腰痛体操を20~30分ほど。やり方は簡単。ベッドの上であおむけになって、先ずは腰を真上に5~10cm持ち上げます。

 これを20回やって、次は片足を伸ばした状態で、もう1本の足の膝に手をかけて胸の方にゆっくり引き寄せる運動。こういう運動は素早く行うのではなく、ゆっくりと動かすと良いらしいです。

 入院当初はちょっと胸の方に引き寄せると痛くてしょうがなかったのですが、今は大腿部が胸に着くぐらいまで曲がるようになりました。それとともに腰痛も減った印象です。

 左右でそれぞれ10回ずつこれをやります。終了したら今度は両膝を持ってグ~っと胸に近づけます。お尻が持ちあがる感じで、これは気持ちがいいです。やはり5~10回やります。

 次が片足の足首を脇腹あたりにつけて、足を折り曲げ全体を水平な状態に折り曲げる運動。これも当初は痛くてできませんでした。左右5~10回。

 最近よくやっているのが、仰向けになって両足を伸ばした状態から、右足を左足の上に交差させ、右足の膝小僧を左手で持ってそのまま水平状態にちかづけるというもの。かなり痛いです。ただ足の筋肉が伸びる感じがして、気持ちは良いです。

 左右両方で5回ずつやっています。最後に腹筋。これは試みるのは簡単。両足を揃えてちょっと曲げる。その状態で手は使わずに上半身を起こすだけ。しかしこれができない。

 以前は当たり前のように出来ていた記憶がありますが、今は腹筋にどれだけ力を入れても上半身が起き上がっていきません。腹筋だけが痛くなるので、まあ鍛えられているのかなという気はします。

 それでも全くできないという事に気が付いてから、この運動をやるようになり、少しだけ持ち上がる高さが増えた感じです。これを10~20回試みて、寝た状態で行うストレッチがr終了です。

 この頃には部屋が温まっているので、立ってやる運動を行います。

関連記事
Comment
Re: No title
 いつまで続くか分かりませんが、朝おきるとエアコンをつけてベッドの上で腰痛体操を続けています。

 部屋が温まったらベッドを出て立位体操。立ったまま行う簡単な体操です。なんとなくですが
体を柔軟にすると血のめぐりも良くなり、軽い浮遊感等の後遺障害も軽くなるような気がします。

 紹介いただいた「首の後ろを押す」という方法もこれに通じるのかなと思います。
いずれにしても継続できないと意味がなさそうです。毎日少しでもやる、という事を
心がけようと思っています。
No title
退院されてよかったです。
自宅でのリハビリを長続きさせるのは容易ではないでしょうね。
ドクタードルフィンの「首の後ろを押す」方法はいかが?
医学では解明できないような奇跡が起きているみたいですよ。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。