第1564回 免許センターで運転免許の講習を受けてきました

  自宅に戻って1週間が経過。完璧に復調したかと問われれば、「いやまだちょっと」と答えざるを得ません。どの辺に問題があるかと言われれば、やはり疲れやすいことが第一。

 当たり前ですが三か月近く、リハビリをやっていたとはいえ、ベッドとリハビリ施設更には病院周りの散歩程度しか動いていませんでしたから、ともかく体力が落ちている印象です。

 また脳内出血にともなう高次機能障害も残っているようで、その影響は若干の浮遊感に表れています。当初はかなり下がった血圧の影響かなと思っていたのですが、どうもそれだけではなさそうです。

 脳内に髄液が溢れたわけですが、それがすべて除去できたわけではないだろうと考えると、高次機能障害の説明もつきそうです。要するに髄液の残りが脳のあちこちにこびりついている状態だという事です。

 これが完全に以前の状態に戻るのかどうかは不明ですが、少なくとも回復するには長時間が必要なんだなということが分かってきました。

 そんなわけで、今後も地道に少しずつ努力をしないといけないなと思っていますが、そんな中今日はちょっと進展がありました。それは運転免許。

 リハビリ病院を退院するにあたって、「車は免許センターで講習を受けるまで運転しないでください」と言われていました。そこで今日は息子に頼んで、自宅から45分程度のところにある免許センターまで車で送迎へ。

 免許センターは大混雑していましたが、適性相談室というところは空いていました。すぐに受け付けてもらえて、先ずか係りの人と面接。病状や治療の経過を説明。

 続いてシミュレーターと呼ばれる運転席だけの座席に座り、アクセル、ブレーキ、クラッチの踏み方を確認。アクセルについては
適度な踏み方を継続するというのが大事。ブレーキの場合は、思い切り素早く踏み込むというのが大事だそうです。

 ここまではペダルをきちんと踏めるかというテストです。最後に「反射時間のテストをします」と言われ、行ったのが画面に赤い点が表示されたらなるべく素早くブレーキを踏むというテスト。

 赤い点は画面のあちこちに表示されるので、全体を眺めて点灯を見たらすぐにペダルを踏まなくてはならず、これが画面の端っこだと結構気が付かないものでした。

 それでも無事テストを終え、すべてOKとのことで、すぐに運転可能な状態となりました。それでも若干心配なので、明日以降天気の良い日に自宅近くの交通量の少ない通りを少し走って練習しようと思っています。

関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
136位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。