FC2ブログ
HOME   »  くも膜下出血  »  第1567回 心配な血管がもう1本あるとのことでMRIを予定

第1567回 心配な血管がもう1本あるとのことでMRIを予定

 今日は久しぶりに大学病院に行って来ました。別段どこかが悪くなったわけではなく、リハビリ病院を退院したら再度来てほしいと言われていました。

 予約した時間に受付に行くと、すぐに手続きが終わり呼ばれるまで待っていてくださいとのことでした。少し早目に到着したので、まあ長期戦になるだろと思っていたのですが、5分ぐらいしたらすぐに受付でもらった呼び出し機が点灯し、○○番の窓口へとなっています。

 しかし○○番がどこにあるのかさっぱり分かりません。通院等で何回も来ている人は分かっているのでしょうが、退院後初めて来た受付なので場所が不明。

 看護士さんに尋ねて何とか場所を教えてもらいましたが、座った場所のすぐ近くでした。ただ陰になっていて分かりにくい。ドアをノックすると「どうぞ」という声があり中へ。

 手術でお世話になった先生と二か月ぶりの対面です。私は覚えていましたが、たまたま私が長く伸びていた髪をバッサリ切って坊主に近い状態にしたため、最初はちょっと分かりにくかったようです。

 「その後いかがですか」という問いかけに、「良くも悪くもなく順調です」と訳の分からない返事をして、気にかかっていたことを質問。

 「時々ふらつくことがあるのですが、これはしょうがないことでしょうか」と聞いてみると、予想していなかった返事が戻ってきました。それは「○○さんの場合は、分類上かなり重度のクモ膜下だったため、少なからず小脳への影響が出ている」とのことでした。

 以前も似たようなことを言っていましたが、私の場合血管の通り方が独特で、通常の方法では手術が出来ず、通常とは違う方法でやらざるを得なかったという事です。

 ある意味手術の自慢のようにも思えますが、大変困難な手術だったという事を言いたいだけなのかもしれません。そして「そのためめまいや浮遊感といった運動機能への影響が出やすい」という事のようです。

 その意味では重度のクモ膜下から生還して、日常生活に支障のない範囲でふらつきを感じる程度なら万々歳という事なのかもしれません。

 そこで、これは「今後治るのか」、それとも「一生の付き合いになるのか」と聞いてみると、基本的には治らないということのようです。ただその症状に慣れが生じるので、気にする人と気にならない人に分かれるという事でした。

 という事は「まあこれはしょうがないんだ」と受け入れざるを得ないようです。曲がりになりにもそういった感覚があるにせよ、日常生活が著しく阻害されているわけではありません。気にするか気にしないかというレベルだと思われます。

 しかし問題はもう一つありました。実は出血した血管の近くにもう1本心配な少し細い血管があるようで、これはMRIを撮って調べないといけないという事でした。この血管の存在が気になってリハビリ病院退院後にもう一度来るようにという指示が出ていたようです。

 というわけで、来週もう1回病院に行ってMRIの撮影となりました。その結果異常がなければ、とりあえずすべての治療が終了。もし問題があるなら、再手術の可能性ありだそうです。

 もうすでに治った気でいるのに、再手術という言葉にちょっとショックを受けましたが、とりあえずMRIをやってみるしかないです。来週月曜にまた行くことになりました。
関連記事
Comment
アドバイスありがとうございます
hokuさん、こんばんは。
アドバイスを頂きありがとうございます。
そうですね、運動不足という点では、微妙ですね~・・

平日、仕事があるとデスクワーク中心のため通勤時に30分歩くようにしているのと、週末に趣味のゴルフの練習やラウンドをしているので、まったくの運動不足ではないと思いますが、首や肩はめちゃくちゃ凝っています。(主人が「岩のようだ」と言っています)

hokuさんのおっしゃるように、運動不足に加えて、ゴルフの練習、プレー後は首や肩が非常にこわばるためそのせいもあるかもしれません。

また、匿名ですのでここだけの話でできることですが(笑)、職場で左側にストレスを感じているためか、耳鳴りが起こるときは必ず左耳です。耳鼻科の検査でも左耳の方が聴力が弱くなる時がたびたびあるようです。

一見元気そうに見えても、何かしら健康に不安を抱えることは普通にあるもののようなのかもしれませんね。
Re: 異常ないことをお祈りします
 やまげさん、いつもコメントありがとうございます。どうも頭の中のことなので、どこまで行っても疑いが
残るなと感じています。検査の結果問題なしとなればいいのですが、それでもその時の状態がたまたまよかったのでは
と考えたりするとキリがないです。

 結局なるようにしかならないと考えるのが精神衛生上一番いいなと思っていますが、耳鳴りは気になりますね。
ストレスが引き金になることが多いようですが、耳鼻科にかかっているなら、運動不足というのはどうでしょうか?
首のストレッチとかが良いかもしれません。(素人考えです)

 ちなみに私の場合は、まだふらつきがわずかに残っています。気にすると不安になるので、「まあしょうがないか、
歩くしかないな」と思って歩く機会を増やしています。

 私が病気になったことを知った近所のおばさんとも立ち話をしましたが、時々血圧が200ぐらいまで上がって困る
と言っていました。誰もが健康上の悩みを抱えているようです。
異常ないことをお祈りします
hokuさん、こんばんは。
退院後の順調な生活ぶりを楽しく、頼もしく読ませて頂いています。
やはりhokuさんの文章、表現はどこか読み手に思考を促したり、癒しまで下さるように思えます。

MRIでの検査が必要とのこと、心配です。
検査は来週月曜日ですか?
何事もなく、すっきりした気持ちで退院後の生活を過ごされることが出来ますよう、お祈りしています。

私は最近、更年期なのかストレスなのか?耳鳴りに悩まされています。
耳鼻科にも通い、服薬でなんとかというところですが、天候の具合や仕事のストレスなのか?服薬していても症状が出ることがあるのが厄介です。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。