FC2ブログ
HOME   »  くも膜下出血  »  第1584回 1分の開眼片足立ちは1時間弱のウォーキングに相当?

第1584回 1分の開眼片足立ちは1時間弱のウォーキングに相当?

 今日の開眼片足立ちは、右足だけの片足が最大50秒でダウン。その他の4つはすべて60秒クリアです。だとするとそろそろ2分を目標にしてもいいかなと思っています。

 ただ片足だけで2分経ち続けるのは結構疲れますね。やってみるとすぐわかると思います。そう考えるとスケートで片足を上げて滑り続けるとか、体操で片足を持って斜め横上に開いて微動だにしないというのはすごいことなんだなと感じます。

 あらためてそういった観点で見てみると、相撲の蹲踞の姿勢もすごい。この姿勢になった瞬間上体は全く動かないお相撲さんが多い。それだけバランス感覚が優れているという事で、だからこそ土俵際でうまくまわりこむことができるんだなと思えます。

 ちなみに今日の私は開眼片足立ちを終えて、朝食を食べ、暖かかったのであちこちフラフラ出かけていました。ウォーキングを1時間やり、午後はツタヤさんでDVDを借りようかと思って外出。

 しかし今日は勤労感謝の日。ツタヤさんに併設されているスタバは大混雑でびっくり。私が借りたいと思っていたDVDもすべて借りられていて、結局店内をウロウロしただけで帰ってきました。

 ただウロウロするのは結果的に体に良いと思っているので、ウォーキングと併せて今日は結構歩いたなと思っています。

 ところで歩いている最中も感じたことですが、今日はふらつきが少なかったです。毎日の開眼片足立ちの成果が表れたかと一瞬喜んだのですが、どうやら暖かいせいではないかと気が付きました。

 暖かいと筋肉が緩むので血管も太くなり血圧も下がります。そのせいかクモ膜下で影響を受けた首のあたりの血行も改善するのではと判断しています。

 血行が改善すれば、小脳の働きもスムースになるのでふらつきも抑えられるという理屈ですが真偽のほどは不明です。ただいつもより、ウォーキング中にふらつくことが少なかったです。

 そこで開眼片足立ちの効果という語句でネットを検索してみると、1分間の開眼片足立ちで足の骨には1時間歩いたのと同じぐらいの負荷がかあるそうで、骨粗しょう症や転倒による骨折防止になると書かれているページがありました。

 確かに30秒を越すぐらいから、片足への負担は重くなってくるので、1分続けられれば効果は大きいだろうなと思えます。しかしこういった療法の問題点は明白で、継続性があるかどうかだと思います。

 結局最後は良い療法があっても、それを実際にやるか、そしてそれを継続できるかという部分に大きなポイントがありそうです。パートナーや協力者がいればこの問題のハードルは低くなりますが、私のような独り者の場合は辛いですね。

 こうやってブログに結果を書いて、皆さんからの拍手の具合で自分を鼓舞するしかないような気もします。

 
関連記事
Comment
Re: 天皇誕生日
 アラジンさん、23日という数字に反応してしまいました。恥ずかしい限りです。ご指摘の通り、この時期に天皇誕生日があるというのは、どうもピンときません。

 実は息子がアルバイトをしているので、少し良いものを食べさせてやろうと思って、そちらの方に気がいっていました。結局クリスマスでよく見かける鶏のもも肉を買ってきたのですが、まあおいしかったです。
Re: 今日は天皇誕生日
すっかり間違えていました。御指摘ありがとうございます。
天皇誕生日
そうですよね、勤労感謝の日は11月ですもんね。
でも、僕達の世代には、天皇誕生日は4月29日と、しっかり頭に焼き付いていますから・・・。
ゴールデンウイークの始まりの日は一年中で一番ウキウキする日でもあります。
昔は週休1日でしたから・・・。
hokuさんが間違えるのも無理はないです。
僕だっていまだにピンときませんもの。
キリストの誕生日は誰でも知っていますがね・・・。
今日は天皇誕生日
12月23日、今日は天皇誕生日です。勤労感謝の日は11月23日です。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。