FC2ブログ
HOME   »  くも膜下出血  »  第1586回 血行を改善するストレッチ

第1586回 血行を改善するストレッチ

 体調が良くなってきたので、このところ少しつけあがって?食事量を増やしていたら、同時に間食も増え、ウエストが少しきつくなってきました。

 もともとクモ膜下になる前は体重が62kgあったのに、手術後しばらくして体重計に乗ったら56kgしかなくびっくりしました。風呂に入るときに下半身をしげしげ眺めると、お腹の膨らみが明らかに減っていました。

 それだけならいいのですが、どうも太ももから膝に至る筋肉も何やらほっそりとしてしまい、「やせたなあ」という感想を強く持ちました。

 一方血圧は体重低下の時期とほぼ並行して、それまで150/90ぐらいあったものが130/75ぐらいまで低下。体重との相関関係があるのかどうかは不明ですが、同じ時期に起きた現象なので、やはり体重と血圧は関係があるのではと思っています。

 というわけで、腹はすっきりとし血圧は下がったものの、足は細くなり見るからにやせ過ぎということです。そこで退院後、自宅に戻ってからは血圧に注意しながら食事量を増やしていました。

 その結果ウエストが少しきつくなり(といかベルトがちょうど良い長さになってきました)、ストレッチや腰痛体操の効果で太ももも若干太くなってきました。

 体重は56kgから57kgとなり、若干ですが増加傾向。ところがここに来てやはり問題が。それは血圧。時々ですが140/90という数字を示す機会があり、その頻度が徐々に増加。

 昨晩はなんと久しぶりに160/95なんていう数字になり、これはいかんとさすがに慌てました。しかし慌ててもやれることは限られています。

 先ずは体操。少し入念にストレッチをやり、最後に深呼吸。明日からはまた食事量を減らさないといけないなと考えて早めに就寝。

 今日の朝食のご飯はいつもの6分目。これにほうれん草の胡麻和え少々と豚汁を少しだけ。最後にミカンを1個。腹8分目ではなく6分目だなと思いつつ、そうでもしないと食事量は減らせません。

 降圧剤を忘れずに服用して、ちょっと落ち着いた頃血圧測定。130/85でした。とりあえず一段落ですが、この数値に気を良くして間食を増やし、昼食も普通に食べると夜になると上がりそう。

 果たしてたった1食の食事量が血圧に影響しているのかどうかは不明ですが、高い状態より低い状態が良いに決まっていますので、しばらくの間食事量を意識するしかないなと思っています。

 しかしこうやってブログを書いていると、昼が近づいたせいか「腹が減ったなあ」という感覚が強くなっています。しかし実はこの感覚が大事なんでしょうね。

 ついでながら食事だけでなく、血行を良くするストレッチについても調べ始めました。基本的には首、肩、腕、腰等関節があって稼働領域が大きいところを積極的に動かした方が良さそうです。

 しかしこれは簡単。普段何げなく、強張ったなあと思って動かしている方向に動かせばよいだけのようです。肩も簡単。肩を上に持ち上げて、一気に脱力。ストンと落とすだけです。

 また足の血流は全体の血行に大きな影響を与えているようです。では太ももやふくらはぎの血流を改善するためにはどうしたらよいのか。こちらはちょっと大変。

 ただしネットではいろいろな方法が提案されています。やれることはいくらでもありそうです。問題はどこにあるか?これは簡単。実際にやるかやらないか。継続するかどうかです。これが一番問題。自分が継続できる方法を見つけるのが最大の課題のようです。
関連記事
Comment
Re: 蛋白質
 肉を敬遠したいなと思っていますが、結局自炊生活で野菜だけ食べているわけにもいかず
牛、豚、鶏、挽き肉、魚をローテーションして食べています。振り返ると病院食のメニューが
よみがえってくるのですが、メインのおかず、副菜として野菜の煮物、ちょっとしたお新香と
まあさすが栄養士が考えているメニューだなと改めて感心しています。

 自分にとってどんな栄養素が一番良いのか、これを判定するのはひじょうに難しいですね。
結局ネットに書いてある、これが良いというメニューを信じるしかないのかなと思っていますが
やはり食べすぎは良くないようです。3食前に「腹が減ったなあ」という感覚を味わう事が
大事かなと思っています。

 あとは人間は雑食性ですからいろいろなものをまんべんなく少しずつでしょうか?
幸いなことに食事量に気を配り始めたら血圧は落ち着きました。不思議です。
蛋白質
再発を気にするあまりお肉を敬遠したりしてはいけないと思います。
脂分が気になるなら、鶏の胸肉でもいい。
蛋白質を摂らないと身体が持たないでしょう。
野菜を食べても何の足しにもなりません。
血管を傷つける白米やパンを止めて、良質の蛋白質を摂ることをお勧めします。
運動を持続させるには糖質よりも蛋白質だと思いますが・・・。
脳細胞だって再生するはずです。
再生しない細胞はないはず。
細胞新生には蛋白質が不可欠です。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
11位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。