第1590回 首筋にマフラーを撒いて血圧を下げる?

  明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。昨日はすぐ近くの神社に行って初詣。多くの人がそうかと思いますが、私は1年間健康で過ごせるように願ってきました。

 さて、クモ膜下出血について書いているつもりが、いつの間にか高血圧の話になっていますので、このままもう少し血圧の話を続けたいと思います。

 血圧は1日の内でもかなり変動幅があるようです。その幅は状況によって異なり、排便時など普段より60mmHgほど高くなるようです。だからこそ冬場に力んではいけないという結論になります。

 その他食事や会話によっても20mmHgぐらい変動するそうです。つまり話をしながら血圧を測ると普段120ぐらいの人が140ぐらいまで上がる可能性があるという事です。
 
 測定時は静かに落ち着いた状態でと言われるのはそのせいですが、それ以外にも医師の前に出ると緊張して上がってしまうとか、逆に医者に行くと安心して下がるという場合があるようです。

 しかしそうなるといったいいつの時点の血圧が正しい血圧なのか悩むことになりそうです。そこで血圧の測り方として朝起きたとき、夜寝る前という二つの時間帯を指定することが多いように思います。

 しかし冬場など、起きた直後だと大急ぎで着替えて朝食の準備をしなくてはならず、なんか落ち着いた雰囲気で測定という事が出来そうにないです。

 また夜は夜で風呂に入ってさっさと寝てしまいたいという誘惑にかられるので、なかなか良いタイミングがないです。早い話が血圧は変動するもんだ、110/70~160/90ぐらいは日常生活で常にあり得ると居直ってしまえばいいのではと思うことも多いです。

 しかし高血圧を放置すると様々な病気になると脅かされ(病気になりやすいのは事実だと思いますが)ているので、なんとかしたいなと思う事も事実です。

 なお私の場合、冬場に上がりやすくなることが多いので、やはり気温が第一の原因だとは思います。ではそもそも気温はどこで感じ取っているのか。

 基本的には皮膚だと思いますが、どうやら首筋にセンサーがあって、ここで脳への血流量を調節しているようです。従って寒い時はマフラーをしてあげると首が温まり、脳への血流も確保されるので血圧は上がらないという理屈になるようです。

 家の中でマフラーをするのも変ですが、今度高くなった時にマフラーかホッカイロ等で試してみようかなと思っています。

関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

Re: タートルセーター
jadeさん、コメントありがとうございます。普段から血圧が低い人がうらやましいなと思っていますが、当然ながら低いなりにいろいろ不都合があるのかなと思っています。私のパートナーが低血圧体質で寒い時は手足の先が冷え切ってしまうと言っていました。高い血圧を下げる方法、薬はいろいろ出ていますが、低い血圧を適正血圧まで上げる方法はあまり話題になりません。必要性がないのかもしれませんが、あまり有効な方法はないということなのかもしれません。

 ヒートテックのタートル良さそうですね。ネックウォーマーについて調べ始めました。シルクの物が1000円位で楽天で売っていました。母親の物と一緒に買おうかなと思っています。ユニクロも家の近くにあるので調べてみようと思います。
  • 2017-01-04│19:10 |
  • hoku URL│
  • [edit]
タートルセーター
明けましておめでとうございます。 今年もブログを楽しみに拝見させていただきます、よろしくお願いいたします^^

ハワイブログも楽しみですが、こちらもさすが物理の先生、とても論理的でなるほど、、と納得しながら読ませていただいています。

私は血圧が昔から低く、これは体質だと思うのですが、おもしろいことに冬場はタートルネックしか着ませんし、夜眠るときもネックウォーマー着用です。

ユニクロさんのヒートテックのタートルも暖かくておすすめ、カシミヤでしたら、首もチクチクしませんし、快適に過ごせると思います^^
  • 2017-01-03│14:58 |
  • jade URL│
  • [edit]

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「高血圧、アトピー、男の更年期」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
460位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
142位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。