第1627回 手首式血圧計の測定位置

  私がこのブログを書いている机の上には、いくつかの書類が散乱し、デスクトップのコンピューターが2台のっています。そして机の一番隅っこの角に手首式の血圧計を置いています。

 オムロンのHEM6022という機種で、旅行に行ったとき気軽に持ち運べるようにと思い買ったものですが、普段でもブログの原稿書きに行き詰った時、気軽に左腕にはめて血圧を測っています。

 これを購入する前は、以前から使っている上腕式の血圧計を使っていました。今も使っていますが、感覚的にそれほど誤差はないなと感じるようになりました。

 ただ腕で測定するタイプは誤差も大きくなるという記述がよく見られます。そもそも血圧計の測定条件は、血圧計は心臓の高さに置くというのが第一条件です。

 上腕式の場合、上に巻いてそのまま上を机の上に置けば、その高さがほぼ心臓の高さになりますので、誤差は少ないと言えます。ところが手首の場合、腕はかなり自由度があるので、その高さはそれこそ耳の横あたりから、腰のあたりまで自由に選べることになります。

 というわけで、いったいどのくらい誤差があるのかちょっと実験をしたくなり、今この原稿を書きながら測定してみました。結果は以下の通り。

 先ず左耳のあたり。105/73。次に首の横116/69。次にいつもの測定場所。ちょうどみぞおち当たり122/85。さらにみぞおちのちょっと下、胃の真上あたり137/100。さらにベルトのあたり。139/98。

 血圧は測るたびに測定値が変わるといいますが、全体的に位置が下がるにつれて少しずつ上がることは間違いないようです。結局105から139まで変化したわけですが、両者を足して2で割れば、みぞおち当たりの測定値と一致します。

 ついでに上腕式の血圧計を持ち出して、いつもと同じ姿勢で測定してみました。結果は130/81でした。つまり手首式の方が少し低く出るという事です。

 これを修正するためには手首式の場合、左手を固定するために右上腕の肩の下あたりを持てばよいという事になりそうです。

 というわけで実験終了。だいたい目安が分かりましたので、明日以降の測定はみぞおち近辺を意識して行えばよいという事になりました。




関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

アドレスが違ってました
Hokuさん、済みません、アドレスが違ってました。

jazzyoba@aol.com

が正解です。お手数をおかけします。
  • 2017-03-09│12:13 |
  • jazzy URL│
  • [edit]
名古屋に来られるんですか?
こんにちは! 来週、来名されるとか。何日に何泊くらいの予定で?私のホームグラウンドですので、短い時間でも良いのでお茶でも出来ればと。ハワイで会いたいのはやまやまですが、せっかくの機会なので。
HOKUさんのご予定第一優先で、暇があればで結構です。
栄あたりが嬉しいですけどね。私の会社は中区新栄にあります。

ご連絡頂けるならば、jazzoba@aol.com へお願いします。
  • 2017-03-08│11:54 |
  • jazzy URL│
  • [edit]

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「高血圧、アトピー、男の更年期」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
460位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
142位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。