FC2ブログ
HOME   »  高血圧  »  第1629回 ヒノキのチップが血圧を安定させる?

第1629回 ヒノキのチップが血圧を安定させる?

  昨日書いた記事の続きですが、我が家からかかりつけの診療所まで約7kmあります。これを私は月2回程度私と母親の通院の関係で往復しています。

 もしこれをタクシーで行くと片道2500円前後。往復で5000円。これが月2回あれば1万円。年間12万。高いなあ、やはり車が必要だと感じますが、では自動車1台の年間維持費はいくらなのか?

 ネットではいろいろなシミュレーションが出ていますが、ガソリン代や駐車料金を除いて、単にそこに存在するだけで税金、保険等で年間10万ぐらいかかります。

 さらにこれらの車を購入する初期費用が100~200万必要で、年間に必要なのは10~20万。という事は車を持っているだけで、全く動かさなくてもお金が年間20~30万必要という事です。

 というわけで、通院費用だけを考えるならタクシーを使ったほうが安くなります。ただし日常の買い物やレジャーにも使うとなるとこの計算は怪しくなりますので、そう簡単に手放せないなというのが本音という事でしょうか。

 その意味では今後も認知症もどきの運転が増える可能性は十分にあり、私自身もその一歩手前まで来ているという認識が必要だと思われます。

 話変わって血圧ですが、ネットのニュースでも本屋さんにいっても、血圧に関する情報が溢れていますね。もしかして日本国民全体が、その真面目さ故血圧ノイローゼになっているのではと思えるほどです。

 しかもこれらの情報を読めば読むほど、話が混乱してきます。そもそも高血圧の定義とはという部分から、上の数値が140,150,160と様々な意見があるようです。

 つまり本当の意味で(これもあいまいな表現ですが)血圧がどの程度高いとどういう問題が生じるのかという事がきちんと解明されていないという事だと思います。

 だからこそ、高血圧の定義の数値がちょっと揺らいだだけで大騒ぎになります。製薬会社は高血圧患者の増減に直結しますから神経質になるのはよくわかります。

 そもそも正常値と書かれると、それ以外の値は異常値ということになり、なんだかそういう数値を経験した人は私も含めて罪悪感に苦しめられることになりそうです。

 とはいうものの、大多数の人が安心できる数値に収まっていた方が良いと考えるのは普通のことです。そのために様々な努力がなされているわけですが、ネットで樹木が血圧を安定させるという記事を見つけました。

 「Yomi doc」というページですが、森林の散歩が血圧を安定化させるようです。どうしてそうなるのかは不明ですが、確かに我が家の近くにある河川敷の私の散歩コースにも林があり、そこを歩くと気持ちが落ち着くことは事実です。

 さらに詳しく調べるとヒノキのチップの匂いにも効果があると書かれていますので、これを部屋の片隅に置いておくのも良いのかもしれません。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。