第1630回 血圧を心配しながら水戸、大洗1泊旅行へ

  日月と埼玉から茨城の水戸へ1泊の小旅行に行ってきました。目的は茨城空港の見学とおいしい海の幸を食べること。しかし今回は食べ物のほうに若干不満が残りました。詳細は他のブログに書いたのでここでは省略します。

 ちなみに昨年夏のクモ膜下出血以後、日帰りのドライブには行っていますが、泊を伴う旅行は初めてです。いったいどのぐらい疲れるのか、今後の旅行を考えるうえで参考になるなと思っていました。

 しかし旅行に行くというので興奮したわけではないと思うのですが、5日あたりからなんだか血圧が上昇気味になり、困惑。ちなみに旅行を決めたのは9日ですから、5日に影響が出ることはあり得ません。

 1日の中で一番高かった記録を書き出すと4日102/74、5日134/80、6日141/81、7日132/81,8日135/89、9日135/80、10日144/77、11日156/96、12日150/88から120/81へ。
 
 12日は出発日で、150/88はその日の朝に記録。「こりゃ旅行は中止か」とちょっと悩みましたが、これは旅行の準備で家の中をばたばたと動き回ったとに測定したからで、少し落ち着いてから測定し直したら120/81でした。

 ただ手首式の血圧計持参です。手首式は手首の高さによって誤差が大きいなと感じていますが、左手に巻いてその手を右の肩のちょっと下あたりに置くと、上腕で測る測定器とほぼ同じ値になることを確かめました。

 というわけで、朝出発して2時間ほどドライブ。茨城空港を見学後大洗のアウトレットと「めんたいパーク」を見学。その後ホテルへ。ホテルに到着し一息入れたところで血圧測定。102/64でした。安心して水戸の駅ビルで夕食を摂りました。

 しかし駅ビルから歩いて帰る途中、「疲れたなあ」というのが偽らざる心境で、加齢の影響は大きいと思いますが、やはり病気のせいで出歩くことが少なくなったので、ちょっとした旅行で疲れるんだなと感じました。

 部屋に戻って風呂に入ったら疲れがどっと押し寄せてきて、「こりゃ早く寝て早起きしたほうが良いぞ」と判断。時間ははっきりしませんが、9時半ごろベッドへ。

 起きたのは7時。たっぷり寝たなという充実感があり、疲れもかなり抜けていました。朝食はホテル近くのコンビニで弁当購入。ホテルにもあったのですが、値段が高くて量も多いようです。

 朝食の量が体重や血圧に大きな影響を与えるなというのが最近の感触です。すなわち朝食を食べ過ぎると体重も増え、血圧も上昇。これをうまくコントロールして、体重を57kg以内にすれば血圧は上がらないという事が分かってきました。

 ちなみに旅行前に57.5kgになっていました。今はよくわかりません。少し食べる量を減らしたので57kg弱ではないかと思われます。今日の入浴時に測定してみます。

 というわけで、今日の朝の血圧は123/68。その後茨城の海岸線を北上し、鵜の岬まで行き、再び戻って那珂湊の魚市場でお土産。そのまま高速で帰って、4時ごろ戻ってきました。

 ちなみに今の血圧は121/79でした。ここのところの平均値に近いのではと思っています。


関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「高血圧、アトピー、男の更年期」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
460位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
142位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。