第1638回 久しぶりの更新で、半年前のクモ膜下出血を思い出しています

  体調良好で、書くことも思いつかないなあと思って2,3日更新を休もうかと決断。ところが人間の意思は弱いようで、ずるずると休む期間がの伸びてしまい、ついに一か月以上更新ナシ。

 というわけで5月に入り、出来る範囲で書き続けようと、少し気持ちを入れなおしてまた更新を始めようと思います。ただし今後の更新は不定期。

 何が何でも毎日更新するぞという頑張った姿勢ではなく、思いついたら書いてみようと、ちょっとゆる~い意気込みにしようと思っています。

 というわけで、この一か月の経過ですが、暖かくなってきたせいか血圧は良好。少し客観的なデータも記録として残して置きたいと思うのですが、昨年8月に体重は62kgで、日常的な血圧が140/80~155/90ぐらい。

 もちろん降圧剤を飲んでこの値ですから、かなり高いと言わざるを得ません。ところが8月の終わりに突如クモ膜下出血を体験。私の脳内の血管は動脈硬化が進んでいて、手術も大変やりにくかったそうですが、なんとか無事終了。

 主治医は冗談めかしてはいましたが、二度とやりたくないと言っていましたので、かなり血管が曲がりくねっているようです。

 手術直後のことはあまり覚えていないのですが、第1512回、第1513回の記述を読み返してみると、確かにそうだったなという記憶がよみがえります。

 ただこの時手術は8月の終わりに行われ、数日後に目覚めているはずなのですが、目覚めても記憶はあやふや、体はフラフラ。過去の記述にも書いたように筋肉はあっという間に減少。

 起きているのか寝ているのか、うつらうつらとし、海の中をクラゲのように漂う感覚で毎日が過ぎていきました。ただ鮮明に覚えているのは、上にも書いたように筋肉が減ったためか体重が一気に5kg減って57kgになっていたことです。
 
 そして少しずつリハビリの開始です。ちなみに今は頭の中身や記憶もずいぶん整理されています。日常生活にほとんど支障はない程度まで回復していますが、残っている高次機能障害はふらつき、味覚障害、時々ろれつが怪しくなるというのが主たる症状。

 というわけで、今後は過去の事象を振り返りつつ、現状をまとめようと思います。
関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「高血圧、アトピー、男の更年期」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
460位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
142位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。