第1645回 ふらつきを軽減させるリハビリはあるのか?

 高次脳機能障害のふらつきですが、よくなったり悪くなったりを繰り返しながら、本当にわずかずつ良くなっているような気がします。そのよくなり方は、一週間という単位ではなく、そういえば一か月ぐらい前に比べると良くなったなと感じる程度のものです。

 ただし一か月前の感触はそもそも忘れていますので、本当に良くなったのかどうかは不明です。しかもふらつきというのは数値で表せませんので、自分の感覚だけが頼りです。

 ただふらつきというのはクモ膜下出血でダメージを受けた小脳のはたらきに関係がありそうで、であるなら脳内の機能が回復するためにはそれ相応の時間が必要だろうと思っています。

 また具体的にどのような損傷を受けたのかは全く不明ですが、クモ膜下出血時に脳細胞に血液が行き渡らず、平衡感覚に関係するような脳細胞が壊死したと考えると、医者が言ったように、その細胞が復活するという事はなさそうです。

 ただ脳に関するいろいろな本を読むと、細胞が壊死すると、その代わりに周辺の細胞がその機能を担うように変化するという事もあるようで、だからこそ半身が不随になった人が長い年月のリハビリで再び動くようになるという事が起きるのだと思います。

 とはいうものの、そういう代替処置を機能させるために、その機能が必要なんだという事を脳細胞に教え込まないといけないわけで、そのために同じような形式でリハビリを繰り返すという必要があるのだと思います。

 つまり「もうだめだ」と諦めてしまうとそこから先の回復は望めないという事です。また、逆に言えばこの回復を引き起こすためには一生努力を続ける必要があるという事にもなります。

 というわけで、出来る範囲で努力をしないといけないわけですが、ネットでふらつきのリハビリというのを調べても、どんなことをすればいいのかまとめてあるサイトは少ないです。

 そんな中、理学療法士さんのサイトを発見。提案されているバランス練習は、私もやっているものがあり参考になります。「Miraino PT」というサイトです。

 一通り読んでみて感じるのは、要するにふらつきを感じるのはバランスが悪く、体が傾いたときにそれを瞬時に補正できないからではないかと思えます。つまり酔っ払いのように、右に体が傾くとそのまま右の方に倒れていってしまうというようなことです。
 
 そこで私は退院が近づいた昨年11月頃から、病院内の廊下を一人でフラフラと歩いていました。片道50mぐらいの廊下を10往復ぐらいしたこともありますが、回復期の運動にもなったような気がします。

 しかし退院直後では自宅の階段を上がるとき体がふらつき手すりが必要でした。そこで自宅では起き掛けの体操に、開眼片足立ち(目を開けて片足で立ち続ける)というのと、理学療法士さんに教えてもらったタンデム立ち(両足を縦にそろえる。つまり右のつま先に左足のかかとをつけるというような方法)をやることにしました。(続きます)


関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「高血圧、アトピー、男の更年期」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
460位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
142位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。