FC2ブログ
HOME   »  くも膜下出血  »  第1676回 私の場合の記憶障害の具体的症状

第1676回 私の場合の記憶障害の具体的症状

  まず最初にヤフーで「高次脳機能障害」について、その定義らしきものを調べてみました。すると以下のような条件があるようです。以下「高次脳機能障害・情報支援センター」の記載を参考にしました。

・ 事故や病気によって脳の血管が障害を受けた

・ その結果、神経や知的機能が障害を受ける

・ 主な症状は記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害

ということで、それぞれの障害について具体的な症状が記載されています。一読して、なるほど確かに思い当たることが多いなと思いました。

 そこで具体的にその昔このブログに書いたことを読み、当時の記憶を思い出しながら、現状と「クモ膜下出血」を経験する前の自分の症状を比べてみて、「あ~変わったな」と思いついたことを、少し項目別にまとめてみました。

 先ず記憶関係ですが、この病気になって大学病院に搬送されたことまでは覚えていますが、具体的な手術内容、手術直後の覚醒時の様子、その後一か月ぐらいの療養生活の記憶がほとんどありません。

 またそれ以降のリハビリで、物をどこかに置いて、ちょっと違う作業をすると、その置いた場所を忘れてしまうという、短期記憶の障害があることが分かりました。

 これは自分でも愕然。今置いたばかりで10分もしないうちに、「置いた」ということは覚えていても、場所についての記憶が全くないことを実感。

 この実験(訓練?)については、手術後三か月ぐらいのリハビリで何回もやりました。その結果、手術から日数が経過してわずかに症状は改善しましたが、1年8か月後の今でも完ぺきではないと思っています。

 要するに「短期記憶」の欠落だと思っていますが、ともかく今覚えたことをすぐに忘れてしまうということが、日常生活の中で頻々と起きます。

 具体的には、私は目が悪いので眼鏡を掛け替えることが多いですが、架け替えた眼鏡を適当な場所に置いてしまうと、それをひたすら探すことになります。従って、眼鏡を掛け替える場合は、「決まった場所に置く」ということで対処しています。

 また普段買い物には車で行くのですが、駐車場所を忘れてしまうということがあり、駐車場内を自分の車を探して歩き回ったこともあります。今は、駐車するとき、その場所の特徴を意識して覚えるということを自然にやるようになりました。

 さらに数日前の出来事ですが、息子と一緒にテレビのクイズ番組を見ていた時、答えが示されたのに、その答えを忘れてしまい、息子に改めて2回、3回と答えを聞いてしまったことがあり、息子に「さっき言ったばかりだよ」と言われて愕然。

 どうやら短期記憶の障害は今も間違いなく続いているようなので、日常生活の中で「覚えておかないといけないこと」については、必ずメモを取るようにしていますが、以前とは違って明らかに短期の記憶が苦手になっています。
 
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。