FC2ブログ
HOME   »  くも膜下出血  »  第1678回 ふらつき解消を目指して片足立ちトレーニングを実施

第1678回 ふらつき解消を目指して片足立ちトレーニングを実施

 「ふらつき」ですが、似たようなものに、ぐるぐる回る「めまい」とフラフラする「めまい」、クラっとして倒れてしまうような「めまい」があるみたいで、その他高熱時のふわふわした浮遊感を伴う「めまい」があるような気がします。

 私の場合は、直立して立っているときに体が前後左右に常にぶれているような感じで、歩いているときもまっすぐ歩けないという感覚があります。

 これらの原因について調べてみると、ぐるぐる回るのは耳の三半規管その他の耳の中の器官に関係し、フラフラするのは小脳や脳幹、クラっとするのは血圧関連ということのようです。

 というわけで、私の場合はクモ膜下出血を起こした際に、小脳やその近辺の脳幹部分に何らかの障害が生じたと考えるのが良さそうです。

 しかしそう考えると、小脳や脳幹部分の損傷を受けた部分を特定し直さないとふらつきは治らないということになります。とはいうものの、手術後のMRI検査や半年ごとのMRI検査では、一部に血が残っている等の影は認められないみたいなので、こういった部分を特定して物理的に直すということは不可能です。

 もともと医師からは「治りません。一生続きます」と宣言されているふらつきですから、こうすれば良いという対策もなさそうです。ネットでも調べましたが、通り一遍のことが書いてあるだけです。






 「こりゃ困ったな」と思いましたが、このふらつきは私が好きな旅行に出かけた時もつねにつきまとい、街歩きをしているときヨタヨタ歩いて人とぶつかったり、人に押されて電車のホームから転落なんてことも現実にあり得るなと思うようになりました。

 そこで、こういった「ふらつき」症状に気が付いてから、治らないまでも、小脳や平衡感覚を研ぎ澄ますための訓練が必要だ、と思うようになりました。
 
 そういった訓練によって、平衡感覚を少しでも取り戻し、なおかつ全身の筋肉の協調で倒れないようにできれば、多少のふらつきがあっても危なげなく歩けるということになります。

 ではどんな訓練、トレーニングがあるのか?これもネットで調べてみるといろいろな方法があるようですが、私の場合は手術後のリハビリ病院で教えてもらった片足立ちを毎朝やっています。

 また両足を縦にそろえて立ち続けるという方法もあり、こちらは教えてもらった当初は「なんだ簡単じゃん」と思いましたが、実際にやってみると、あっという間にバランスが崩れてびっくり。

 片足立ちにしろ両足立ちにしろ、始めた当初はどちらも10秒ぐらいしか維持できませんでした。というわけでリハビリ病院退院後も、自宅で朝起きたら最初にストレッチをやって、最後に片足立ちまたは両足立ちを1日おきにやっています。
 
 しかしこれがどの程度効果があったのかは不明です。なぜならこの訓練をやらなかった場合との比較ができないからです。ただ今は長いときは3分程度まで維持できています。

 天気が良いときは河川敷ウォーキングも行っているのですが、当初小道を歩いていると、そこから足がはみ出そうになることが多かったのですが、今はそれも少しだけ改善したと思っています。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。