第1715回 サニーレタスには様々な効果がありそう

  ノビレチンやDHAを摂取すれば、脳細胞の増殖や樹状突起が伸びたりする可能性があることが分かりましたが、なぜそういったことが起きるのかという理由は良く分かりません。

 要するにこういった物質が脳細胞を構成している成分の生成に有効なんだろうという気はしますが、それ以外は必要ないのかと考えると、当然ながら我々は様々なものを食べているわけで、そういったものの中にも有用な成分は含まれているようにも思えます。というわけで、日常生活の中でよく食べる食べ物の中にも脳に対して有効なものがあるに違いないと思いちょっと調べてみました。

 しかし当然ながら食品の種類は膨大。というわけで、試しに今年から新たに始めた市民農園で、私が今作っている野菜を例にとって、どんな効果があるのか調査です。

 まずここのところ毎日食べている「サニーレタス」です。葉っぱが紫色をしているので、たぶん体に良いと言われているアントシアニンが含まれているのでは思って作っています。

 今年は小さなビニールポットに土を入れ、そこに種を蒔いたところ、予想以上にたくさん芽が出てきてびっくり。葉っぱが10cmぐらいの大きさになったとき、自宅の庭に作った1坪家庭菜園と、市民農園の畑に植えたところ、天候の関係もあるのかぐんぐん大きくなっています。

 現在は全体の直径が50cmぐらい。キャベツや白菜のように大きくなっているので、そのままにしておくと花が咲いてしまうので根元から切断。

大きくなったサニーレタス

 しかしこのぐらいの大きさになると、食べるのも大変。息子と二人で毎晩葉っぱを4~5枚ずつ食べていますが、全部食べきるには1週間ぐらいかかります。

 というわけで本題。サニーレタスの成分ですが、通常の結球する緑色のレタスに比べると、すべてにおいて勝っているようです。

 私が想像していたようにアントシアニンが含まれ、この物質には抗酸化作用があります。他にもビタミン類、葉酸、カルシウム、鉄分等が多数含まれているようで、「サニーレタス 認知症」、「サニーレタス 脳機能改善」と言った語句で検索すると多数のページが出てきます。

 ということは日常的にこの野菜を食べ続ければ、体にも良いということになりそう。この後夕食の準備に入りますが、ここのところサラダは自家製野菜のサニーレタス、キューリ、トマトといったメニューが増えています。

関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
362位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
81位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。