第1721回 血管(細胞)の柔軟性を高める食事

  動脈硬化が改善できれば血圧は自然に下がってくるのではと思っています。ではどうすれば動脈硬化が改善できるのか。すぐに思い浮かぶのは運動。

 というわけでストレッチやウォーキングを思い浮かべるわけですが、昨日書いた動脈硬化のイメージ(硬くなってひび割れたゴムチューブ)を思い浮かべると、そんな硬くなった状態の血管で激しいストレッチやウォーキングを行ったら、そのまま血管がパキッと折れてしまうかもしれません。

 つまり硬化してガラス管のようになったゴムチューブを無理やり折り曲げるというイメージです。もちろん少しずつ少しずつ実行していけば、体の方もそれに対応して柔らかくなっていくとは思いますが時間がかかりそう。

 ということは、先ずはもう少しミクロな視点から、血管壁を構成する細胞や細胞同士を結合している組織の柔軟性を高め、血管内を流れている赤血球等の柔軟性を高める必要があるのかなと思えます。

 まとめると

・ 血管を作っている細胞の柔軟性を高める

・ 細胞同士を結び付けている組織の柔軟性を高める

・ 血管内を流れている血液の柔軟性を高める

ということが目標になりそう。

 ということで、先ず細胞の柔軟性を高めるために何が出来るかを考えてみると、先ずは食事でしょうか。そこでネットで必要な栄養素を調べてみると(以下ネットで調べた内容を順不同で並べましたが、それぞれの食品の具体的効果については調べていません)

・ アルカリ性食品、抗酸化食品

 具体的には、ほうれん草、梅干し、漬物、ニンニク、ショウガ、ネギ

・ コンドロイチン

 長芋、納豆、オクラ

・ タンパク質

 ササミ、大豆食品、卵、牛乳

・ お酢、クエン酸

 柑橘類、イチゴ、パウナップル

・ ビタミン

・ ミネラル

 他にもいろいろ書かれているのですが、こうやって見ていくと、当たり前ですが野菜や果物を食べつつ、バランスの良い食事を摂ればよいということになりそうです。 

 つまり偏った食事をとっていると、ストレッチやウォーキングをいくら行っても柔軟性の効果は上がらないということになりそうです。

 実際私は効果があったのかどうかは定かではないのですが、リハビリ病院を退院して以来、ほぼ毎日朝起きると30分ほどストレッチを行って、朝食は食後にりんごを1個食べるようにしているのですが、体調はそこそこ良いなと感じますし、血管年齢も改善したように感じています。
  
関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
750位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
163位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。