第1728回 血液の成分

 採血後のガラス管に入った血液を見ると赤黒い色をしていて、これは酸素を失ったヘモグロビンの色だということが分かりました。またこの血液をしばらく放置しておくと、全体が2層に分かれます。

 上部は薄い黄色で血しょうと呼ばれる部分。下部はより赤黒くなり、この中には赤血球、白血球、血しょう板等の、いわゆる血球と呼ばれるものが含まれます。

 これらの血球は、すでにご存じかと思いますが赤血球が酸素の運搬、白血球が生体防御、血小板が血液の凝固作用を担っています。ちなみにその量ですが、圧倒的に多いのが赤血球です。

 個数でいえば、1マイクロリットルに含まれる数は赤血球が400~550万、白血球が3500~1万、血小板が14~38万となっています。

 1マイクロリットルというのは、マイクロが10のマイナス6乗を意味しますから0.000001リットルとなり、1辺が1mmの立方体ということになります。

 その中に500万個ぐらいの血球が含まれていると考えると、まあすごいもんだなと思います。1人の人間が持っている血球数と考えると、まあ計算するのが嫌になるくらいの量になります。

 ちなみに赤血球と血小板は単独の物質ですが、白血球はさらにいくつかの種類があります。血液検査をするとその結果の表にいろいろ書かれているのですが、その中の好酸球、好中球、好塩基球、単球、リンパ球といったものです。

 しかし血液の事を調べていくと、さらにこのリンパ球にも何種類かあって、主なものはT細胞、B細胞、NK細胞と呼ばれていて、それぞれ役割が決まっています。

 一方血しょうですが、その9割は水分でそれ以外に多いのがタンパク質だそうで、主なたんぱく質は血液の浸透圧を調整するアルブミン、出血時の凝固に関係するフィブリノーゲン、生体防御のための免疫グロブリンといいった物質です。

 他に脂質や糖類、さらに血圧でよく話題になるナトリウムやカリウムと言った物質、各種のホルモン等も含まれています。

 まあこういった様々な物質を含んだ血液が体内をくまなく流れていて、我々の生命を維持しているわけで、ともかくすごいもんだなと思います。

 以前人体の血液(血管)の模型を見たことがありますが、体内すべてに張り巡らされた毛細血管の多さに驚愕した記憶があります。

 人体の血管をすべてつなぎ合わせると約10万kmになるとネットには書かれています。驚異的な長さだと思うわけですが、人間が作る高速道路を考えると、作った後のメンテナンスが大事なわけで、それと同様に血管のメンテナンスも必要だなと強く感じます。

関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
45位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。