第1732回 しばらく更新をしていませんでしたが、再開しようかと

 1700回にも渡って書いてきたこのブログですが、7月以降なんだか更新する元気がなくなっていました。まあ長い期間書いていれば飽きも来ます。

 しかし何よりも自分自身の体調が落ち着いていたことが大きいです。またちょうど猛暑に突入した時期で、このブログを更新するためのコンピューターを置いてある部屋にはエアコンがなく、一時期は室温が40℃近くになりましたので、部屋での作業は不可能でした。

 一方一度更新をやめてその状態に慣れてしまうと、「よしまたやるぞ!」という気持ちに切り替わるためには、何かきっかけが必要な気もします。

 というわけで健康関連ブログですから、そのきっかけは病気その他の健康談義ということになるわけですが、猛暑で更新ができない状況の中、持病の高血圧は運動や節制の効果があったのか、割と安定していた夏でした。

 一方、クモ膜下出血の後遺症であるふらつき、言葉のもつれと言った高次脳機能障害と思われる諸症状は、主治医が手術後に言った通り、この2年間でわずかに改善したものの、日常生活の中で常に意識している状態は続いています。

 主治医が言っていたのは、「改善はしません。慣れです」という言葉ですが、最近確かにそうなのかもしれないなという気もしています。

 ただわずかですが、手術後一か月ぐらいの状態から改善したと思えることもいくつかあります。最初の頃は手すり無しで階段を上り下りすると体がふらつくのでかなり恐怖を感じましたが、今は意識はするものの、何とか手すり無しで上り下りが出来ます。

 また昨年の夏に自転車に乗ってみたら、平衡感覚が悪くてまっすぐ進めないということが分かり乗車を断念しましたが、今年の夏にもう一度チャレンジしたら、意外にすんなり乗ることができ、それならばと思い、クロスバイクを購入。

 ここ一か月ぐらいで、半径3kmぐらいのところに買い物に行くとき利用するようになりました。つまり、慣れではなく改善していることもあるというのが今の私の認識です。

 一方これとは別に、中学高校時代から30代まで悩まされたアトピー性皮膚炎が、再び足に発症。このところちょっと痒みに悩まされています。

 さらに、実家の90歳近い母親が、息が苦しいと言い出し、病院で調べてもらったらCOPDすなわち「慢性閉そく性肺疾患」と診断され2週間ほど入院。幸いに今は退院しましたが、自宅で在宅酸素療法のお世話になっています。

 というわけで、私や母親の健康状態がここ数か月で若干変化したこともあり、だったらまた健康について思うことを不定期に書いてみようかと、今日久しぶりに更新記事を書いています。

 今後不定期になる可能性が高いですが、しばらく更新をしてみようかなと思っています。
関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
750位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
163位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。