FC2ブログ
HOME   »  COPD  »  第1741回 退院して在宅酸素療法に切り替え

第1741回 退院して在宅酸素療法に切り替え

  さて退院が決定したものの「在宅酸素療法」が必要とのことで、その機器の設置申請や手配に数日必要とのことでした。ただ患者側の対応は、機器の設置場所を検討するぐらいで、手続きそのものはほとんどなしです。

 というわけで退院当日、私が病院に赴くと、母親はすでに身の回りの手回り品をバッグ等に詰め込んで、いつでも出て行けるように準備が整っていました。

 最後に退院手続きの書類を記入し、続いて在宅酸素療法の業者さんが来て、ベッド脇に接続していた酸素のチューブを、携帯用ボンベに差し替えて準備が終了。

 携帯用ボンベを移動用カートにのせて、母親は車いすに移動。そのままカートを抱えて、私が車椅子を押してナースステーションへ。母親がナースステーションに詰めているナースたちに「お世話になりました」と挨拶をすると、皆さん笑顔で返答。

 その笑顔を受けながらエレベーターに乗り込み1階出口へ。こういう時の出口は、曇り空にもかかわらず、何故か明るい天気に感じられます。

 入院した時と同様に母親には入り口付近のベンチに座ってもらい、先ずは車いすの返却。続いて在宅酸素療法の業者さんに我が家の住所を説明し、一足先に近くに行ってもらうことにしました。

 その後自分の車をベンチ付近に横付け。母親の乗車を手伝いましたが、やはり小さいとはいえ携帯ボンベのカートは場所をとりますね。ただ病院から我が家までは車で5分程度の距離なので、ちょっとだけ我慢です。

 家に戻って再び、携帯ボンベと一緒に母親を玄関先まで送り一段落。母親はいつもの台所の椅子に座り退院の喜びを確認。続いて今度は在宅酸素療法の業者さんが、機器を運んできてくれました。

 機器の大きさは、小型のスーツケース程度。もしくはファンヒーターぐらい。重さが10kgぐらいのようですが、キャスター付きなので、動かすことは可能。

 しかしチューブの長さは10m程度あるので、今回は寝室と台所の中間地点の廊下に設置。チューブが廊下を這うことになりますが、後日これは工夫することにして、先ずはチューブをこの機器に接続。

 業者さんの説明では、こういった固定型の機械は、空気中の酸素を濃縮して供給しているとのことで、常時設定した一定量の酸素が供給されるとのことでした。

 その他の注意事項を聞いて、とりあえず一件落着。チューブに縛られた生活ですが、以前の生活が戻ってきました。


関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
27位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。