第1749回 今日の面談内容は、骨折治療後をどうするかというものでした

 今日の午後、3時半より母親の主治医と面談をしてきました。40代の短い頭髪、眼鏡を掛けたすっきりした印象の主治医で、話も分かりやすかったです。

 ただ現状の説明と今後の見通しはちょっと厳しいようでした。面談に先だって今日の午前中に再度大腿部のレントゲンを撮影。先ずその画像についての説明がありましたが、骨折してから10日、入院してから8日が経過した現在、骨折の部位は早い話がくっついていないということでした。

 大腿部の骨折の場合、ギブスを入れて固定することができないようで、脚はなるべく動かさないようにして、そのままの状態で骨同士がくっつくのを待つという治療と、手術をして無理やりボルト等で固定するというような方法があるみたいです。

 ただ母親の場合は、COPDの症状があるので手術はしない方が良いだろうという判断でしたが、その結果治療期間が長引くという短所もあるようです。

 今日はそういった現状を踏まえて、今後50日ぐらい経過して骨がくっついてからどうするかという話でした。当然ながら骨がくっつくまでの一か月以上の期間はベッド上から基本的に動けないわけで、そうなると筋肉量はがた落ちになります。

 これは私もクモ膜下出血の手術後のリハビリで感じましたが、健常者でも1週間ほどベッド上で過ごすと、立ち上がるだけでも大変な努力が必要になります。

 ましてや高齢者の場合はさらに状況が厳しいわけで、退院はしたとしても車いす生活になる可能性が高いということでした。つまり現状では骨の回復とともに、少しずつ車椅子を利用するトレーニングまでは行ってくれるとのことです。

 問題はその後ですが、車いすへの乗り降りが可能になっても、これまでのように家の中を自由に行き来することは出来ないわけで、家の中でも車いすという生活になってしまいます。

 そこで歩行訓練の必要性が出るわけですが、これはリハビリ専門病院で行う必要があるとのことでした。というわけで、今日の面談の目的は、現在の病院で骨折の治療が終わったら、その後自宅に戻って車いす生活になるか、リハビリの専門病院に転院して歩行トレーニングをおこなうかの選択を、ここ1週間ぐらいで考えておいて欲しいということでした。

 なおその気があれば、自宅で車いす生活を行いながら自主的に歩行訓練を行うという選択肢もありそうでしたが、これだと訓練中の事故も想定され、誰かが常に見守る必要もありそうです。

 というわけで、その後主治医と一緒に本人に同様の説明を行い、「考えておいて欲しい」と言い残して面談が終了。そのあとは、母親と私で話し合ってきましたが、なんとも厳しい結果です。

 ただ転院してリハビリ専門病院でトレーニングがうまくいけば、これまで通りの生活が戻ってくる可能性もあり、今後の事を考えると、やはり自分の脚で動けるのが一番だろうと思っています。

 なお個室への移動希望は、やはり空きがないようで、当面今の病室で我慢するしかないということのようです。また病院側としても、今後インフルエンザの季節になりますので、病室には余裕を持って対応したいという考え方もあるのかなと感じました。
関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

Re: タイトルなし
 全くその通りですね。先日主治医と面談して、先は長いんだなということを実感しました。

 また骨がくっついたらという前提で、その後は家に戻って車椅子生活もしくは、リハビリ病院で
歩行訓練ということになるので、どちらにするか考えておいて欲しいということでした。

 当然歩けた方が良いのでリハビリ専門病院への転院を考えているのですが、その場合は
入院期間がさらに伸びることになり、家での生活を希望している母親にはつらい選択だなと
思っています。

 しかし「家に戻って歩いて生活する」という目標があれば、「頑張れるかな」という気も
しているので、ともかく本人の意向を尊重するつもりです。

 一方、介護保険の適用について、という話し合いを行う必要があると、今日の朝病院から
電話があって、月曜日に話し合いを設定。いろいろな問題が同じ時期に押し寄せてきたなと
思え、しばらくは海外旅行とは疎遠になりそうです。
  • 2018-11-02│11:16 |
  • hoku URL│
  • [edit]
こんにちは。
骨折は部位やひどさにもよりますがくっつくのに4週間からひと月
あるいはもう少しかかると聞きました。義母は両股関節以外にも3回くらいしています。事情を考慮してですが可能ならリハビリをされた方が私もいいとおもいます。
義母も最初の股関節の手術の時はリハビリ病院でしたのであるくこともできよかったです。施設なので車椅子も用意しましたが。
2回目の時は何もリハビリがなかったので心配でした。車椅子使用はできれば遠いほうが
いいも思います。使っても歩くこともできた方が良いと思いますので。
  • 2018-11-01│14:37 |
  • ケイ URL│
  • [edit]

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
750位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
163位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。