FC2ブログ
HOME   »  COPD  »  第1778回 入院中の高齢者の不眠は、やはり心理的要因?

第1778回 入院中の高齢者の不眠は、やはり心理的要因?

  「高齢者の不眠」というキーワードでネットを検索してみました。すると

・ 睡眠ホルモンメラトニンの減少

 ということが書かれていました。しかしこの場合、不眠は少しずつ悪化するはずで、我が家の母親のように、ある時期から急に不眠を訴えるようになったという症状には適合しません。

・ 夜間頻尿

 高齢者ですから深夜にトイレに行くこともあるようですが、現状では頻尿というわけではなさそう。

・ 関節炎や神経痛といった体の痛みを感じる

 これも自覚症状は全くなし。大腿部骨折の方も、癒着は順調に進み痛みは全くないと言っています。

 というわけで、やはり心理的要因が強いのかなという気がします。

 一方不眠を感じた時の対策ですが、

・ 寝る時間にこだわらない

 病院なのでこれは難しいですね。

・ 寝る前に刺激物を避ける

 これも病院ですから全く問題なし

・ 睡眠時間にこだわらない

 これはあるかもしれません。最低でも5時間はぐっすり寝たいと言います。

・ 毎朝同じ時間に起床

 これは問題なし、というか病院なので起こされてしまいます

・ 朝起きたらカーテンを開け太陽光を浴びる

 これはアドバイス済み

・ 昼寝は30分以内

 もしかすると夜寝られないと思っているので、昼寝の時間が長くなっているかも

・ 規則正しい生活

 病院ですから自宅で生活している以上に規則正しい生活をしています。ただしそれを本人の意思に反して強いられるというところに問題があるのかも

 というわけで、一般的に不眠というキーワードで検索して得られる原因や対策は、まあある意味「当たり前」の対策しかないようです。

 しかし病院という環境の中で不眠となってしまうと、考えられるのはやはり「心理的要因による潜在的なプレッシャー」であって、これは本人も気が付いていないのではという気がします。

 というわけで今日この後ちょっと病院に行って状況を確認してこようと思っています。


関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。