第1783回 高齢者であっても、なるべく歩くことが必要

  天気図を見ると冬型の西高東低となり、冷たい風が吹く毎日となりました。そんな中、私は昨日近所の病院へ。秋に受けた特定検診で、心雑音を指摘されたため、念のためと思い検査をすることにしたからです。

 診察そのものは予約してあったのでそれほど待ち時間はなかったのですが、一連の検査結果を見てから診断がなされるようで、今日は最初に医師による現状の確認。

 胸に聴診器を当てて、雑音の確認ですが、やはり少しあるようでした。というわけで、そこからは一連の検査。先ずは尿検査。続いて大嫌いな血液検査。

 しかし採決担当の看護師さんはベテランだったようで、さほど痛い目にも合わず無事終了。注射針が自分の腕の中に刺される現場は怖くて見ることが出来ないのですが、シリンダーの中に血液が入っていく様子は良く見えました。

 3本採ったと思いますが、いずれも血液は元気に流れ込んでいました。次が心電図。何か特別な波形が出るのではと余計な緊張が起きます。

 最後に胸のレントゲン。正面からと側面からの2枚。「ア~被爆したな」と思いましたが。もちろん痛くもかゆくもありません。以上で終了。結果はおよそ2週間後の診察で判明の予定です。ちなみに支払った医療費は5000円ぐらいでした。

 そして今日は、今度は母親の入院している病院へ。なんだか病院ばかり行っているような気がします。行ってみると、今日は朝から昼過ぎまでリハビリがあったようで、ベッド上でちょっと疲れた様子。

 歩く練習をしているようですが、予想以上に太ももの筋肉が疲れると言います。理学療法士さんからは、骨折の治癒はうまく行っているけど、入院が長引いているため筋肉の衰えが目立つと言われたようです。

 実際本人も、「ともかくちょっと歩くと太ももの筋肉が疲れる」と言っていましたから、入院する前もほとんど歩くことはなかったので、「しょうがないんじゃないか」と伝えてきました。

 本人も自分の足の筋肉が想像以上に衰えていることを知ったようで、「退院したら歩かないといけない」とようやく自覚したようです。

 実は今回の入院騒ぎが起きる前にも、私から見て明らかに運動不足だと思われたので「歩け、歩け」と言い続けたのですが、本人はなんだかんだと言い訳を言ってほとんど歩きませんでした。

 というわけで、今回も退院後はもしかしたらまた元の生活に戻って歩かなくなるかなという気もするのですが、歩かないことによる筋肉の衰えだけはかなり身に染みて分かったようで、今は「歩くつもりだ」と言っています。

 とりあえず明日は一時帰宅をして、家の中の動線の確認が行われますが、その時の様子も今後のリハビリの参考になりそうです。

関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
675位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
147位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。