第1790回 退院予定が決定、四か月の総入院費用は?

  1/20の日曜日に母親を入院先の病院まで送迎。「戻りたくないなあ」と言っていましたが、自宅では木造家屋の寒さが分かったようで、それほど大きな反発はありませんでした。

 病院のいつものベッドに落ち着くとそれなりにほっとした様子。少し話をして戻ってきましたが、翌日病院から退院について電話。

 自宅での生活に支障がないと言うことが分かったようで、この後母親の担当になったケアマネージャーさんが一度病院に来て今後のことについて話し合いをするそうです。

 さらにその話の内容に寄るかもしれませんが、基本的には2/4に退院ということで話を進めたいと言うことでした。というわけで、昨年9月から続いていた入院騒ぎがようやく一段落しそう。

 振り返ってみると、春先から就寝時に不眠や呼吸困難を感じるようになり、8月の終わりに近所の病院を受診。検査を経て、COPDの兆候があると言うことで9/8から入院。

 入院後の治療で、酸素療法を実施するようになり、息苦しさは解消。様子を見て、自宅でも在宅酸素療法を行えば問題なしと判断され、9/26に退院。

 家での生活も落ち着いた頃、油断があったのか10/20にこたつの脚に躓いて転倒。結局救急車でCOPDと診断された自宅近くの病院に搬送。

 レントゲン撮影で大腿部骨折が判明。しかし酸素療法を実施ていることや、高齢ということで、通常は金属を入れるような手術を行うはずの状況で自然治癒を選択。

 というわけで、この病院で最初はほぼ寝たきり状態で骨の癒着を待ちました。一か月後の11/17、骨はどうやらくっついたようで、今度は回復期リハビリを行う必要があるとのことで、リハビリ病院に転院。

 そこからベッド上、ベッドから車いす、ベッドから歩行器というように徐々にリハビリの段階を進め、最近は歩行器を使わなくても何とか歩ける状態まで回復。

 そこで1/7に泊を伴う一時帰宅を経て、2/4に退院に予定ということです。結局9/8から2/4まで、途中一か月ぐらい自宅で生活していますが、ほぼ四か月の入院生活だったと言うことになります。

 この間の入院費用は、高額療養費制度のおかげか、いわゆる治療費用は一か月5万円前後でしたが、ほぼ全期間個室を利用したので、その差額ベッド代は1日当たり0.8万ぐらい。

 つまり単純計算で4ヵ月ですから120日となり、ほぼ100万が差額ベッド代ということになります。治療費と合わせると120万ということになります。

 
関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
675位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
147位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。