第1794回 母親のCOPDの現状、私の高血圧

  母親は退院して、自宅で自由で気ままな生活を送っています。先日図書館でCOPDに関する本を借り一読して参考になる記述が多かったので、さっき実家の母親の様子を見に行き、ついでにこの本を渡してきました。



 他にもいろいろな本があると思いますが、面白いなと思ったのは、COPDにもいろいろな種類があって、さらに喘息等の病気によって複合的になっているCOPDがあるということ。

 単純にCOPD=息切れ=肺疾患=肺胞の病気という図式は成り立たないんだなと感じました。ただどうすればよいかという部分はちょっと弱い。

 もともとこの病気は喫煙の影響が大きいようですが、すでに禁煙している患者にとっては、治療の選択肢は少ないなと感じました。

 壊れてしまった肺胞を元の状態に戻すことは現代医学ではまだ難しいみたいで、ips細胞の活用とか、肺移植といった大掛かりな方法しか残されていないんだなと感じました。
 
 だからこそ、今症状があらわれていない喫煙者は直ちに禁煙し、周りに副流煙を流さないことが大事。特に家族と一緒に生活している人は、自分以外の家族の健康にも責任がありそうです。

 というわけで母親ですが、この本を渡してきましたが、やはり微熱が下がらない様子。明日いつもの診療所に行く約束をして帰ってきましたが、明日はわたしも月1回の降圧剤を貰ってくる予定です。

 ちなみに私ですが、ここのところ血圧を測ると上は110~140ぐらい。下は65~85ぐらいで、とりあえず落ち着いています。降圧剤は日医工の「イミダプリル」というACE阻害剤5mgを半分に割って2.5mgで服用。

 この薬、もともとはタナトリルという名前の薬のようですが、これは過去にも服用していたことがあります。ちなみに例年夏場は血圧が下がるので、2.5mgのさらに半量の1.25mg、場合によっては服用無しと言うことがここ数年続いています。

 ただ冬場になると、通常の5mgになっていたのですが、この冬はどうやら半量の2.5mg服用で問題なさそう。だとすると暖かくなってきたら服用中止の可能性もあるなと思っています。

 その意味では、降圧剤は一生飲み続けないといけないと教えられて30代からおよそ30年飲み続けてきましたが、場合によっては服用中止の可能性もあるんだなと最近確信できるようになりました。

 ではなぜ下がったのか?下がったきっかけになったのは2年半前のクモ膜下出血による手術とその後のリハビリ生活ですね。この時の入院生活で、薄味の食事となり、ほぼ40年飲み続けたアルコールを断酒。

 今も断酒は継続中ですが、同時に食べるつまみの量も減り、ついでに食べる食材も塩分を避け、脂肪分の多い食品を避けるようになったからかなと思っています。

 さらに言えば、本格的な年金生活に入り、ストレスも激減したことが大きいと思っています。結局、ストレス、飲みすぎ、食べすぎで、血液の状態が悪くなり、動脈硬化を誘発して高血圧になっていたのではという気がしています。 
 
関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
704位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
152位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。