第1806回 突然の血圧上昇に見舞われました

  前回血圧のことを書いて、改めて考えると四六時中変動している血圧のある一瞬の血圧を測定して、「高すぎる」とか「低くて大丈夫」と気持ちが揺れ動くのもどうかなという気はしています。

 ところがそんな私の気持ちを見透かしたように、17日の水曜日になって突然血圧が急上昇。理由は全く不明。急に気温が下がったわけでもなく、しょっぱいものを多量に食べたわけでもありません。

 あえて言えば、ちょっと気がかりなことがあって、少し運動不足になっていたのかもしれませんが、そんなことはこれまでもよくあることです。

 血圧ですが17日の朝は142/86でちょっと高め。ところが午前中どうも調子が悪い感じ。具体的には肩がこる、いつもよりめまいが強い、軽い心臓の動悸、食欲不振等で、「なんか変だな」と思って昼過ぎに血圧を測ると175/105という数字が出てびっくり。

 「いったいどういうわけだ?」「何故上がる?」と悩みつつ、こんなに高いと、再びクモ膜下出血が再発するかもと不安になり、まずは椅子に座って軽くストレッチ。

 さらに血液濃度が上がっているのではと思ったので、少し多めに水を飲んで、しばらくして再度測定。しかしほとんど効果なし。「こりゃだめだ。降圧剤を増やすか?」とも考えましたが、一時的に勝手に増やしてもよくないのではと思ったので、ともかく室内で静かに生活。

 夜になって、なぜか体調がよくなってきたなと感じたので、血圧を測定してみると、ようやく普段の136/83という数字になり一安心。

 しかし原因が全く分かりません。そして翌日18日も問題なし。「どうやら一過性の血圧異常だったのか」と思っていたら、19日になって再び上昇。ただし17日ほどではなく160/100ぐらい。

 しかしなすすべもなく、ただ静かに過ごし、20日の朝を迎えました。幸いなことに20日は午前中こそ少し高めだったものの、午後は平常値へ。

 その後21日から本日23日午前中まで問題なし。というわけで、血圧上昇の波状攻撃だったなと感じていますが、原因はどこかの血管の一部に詰まりが生じ、その詰まりを脳が感知し、その原因となった物質を溶かして取り去るために体が勝手に血圧を上げて対処したのではと疑っています。

 ということは、この段階でむやみに薬で血圧を下げると、血流が回復しないということになりそう。まああくまで個人的な見解で正しいかどうかは全く不明。

 しかしそう解釈すると辻褄が合うなと思えることは確かです。 
関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
899位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
192位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。