FC2ブログ
HOME   »  高血圧  »  第1826回 「血圧のコントロール」は具体的にどうなればいいのか?

第1826回 「血圧のコントロール」は具体的にどうなればいいのか?

  梅雨明け宣言以来連日猛暑が続いています。当初は「暑すぎる」とは思いつつ、「まあ何とか乗り切れるか」と思っていたのですが、既に暑さが2週間ぐらい続いているせいか、体への疲労の蓄積も多くなっている感じ。

 暑いので、外に出る機会も減り、体力を使うということはないのですが、暑い環境の中で過ごしているというだけで、体は勝手にストレスを感じ、発汗作用等を常時維持しなくてはならず、徐々に疲労が蓄積しているのかなと思われます。
 
 まあ幸いにしてまだ食欲はあるので助かっていますが、これで食欲がなくなり、夜も不眠気味となり、昼間はだら~っと過ごすという生活が続くと、体はますますばててしまいそう。

 先日かかりつけの診療所に行ってきましたが、待合室には想像以上に大勢の患者さんが待機していてびっくり。私は予約して行ったのですが、飛び込みの患者さんが多かったせいか、結局診察まで30分ぐらい待たされました。

 しかし待合室の顔ぶれを見ると、意外に40代50代と思われる人の顔も見え、やはり連日の暑さで体調不良を感じている人が増えているのかなと感じました。
 
 私の診察の順番が来て、先ず7月下旬から降圧剤の服用を停止していることを申告。その場で血圧も測定しましたが、140/80ぐらい。

 「時に90/55ぐらいまで下がることがあったので、服用を中止しています」と伝えましたが、「寒くなって上がってくるようなら再開してください」とのことでした。

 ちなみにクモ膜下出血後、頸動脈の狭窄があることが分かり、「血圧のコントロールが重要」と医師からは言われています。しかしでは具体的に「血圧のコントロール」とは何を指すのかと言うのが曖昧です。
 
 要は正常血圧(この言い方も定義としてははっきりしないと思っています)の130/80以下になることが望ましいということなのではと解釈していますが、血圧そのものも1日の内で大きく変動するので、結局数字は目安にしかなりません。

 つまりちょっと運動する、動き回る、テレビを見て興奮する、咳やくしゃみをする、周りの人と話をする、というような行為だけでも血圧は簡単に10~20上がる印象です。

 というわけで、測定時はすべての外部環境をなるべくシャットし、5~6回深呼吸したのち測定するようにしていますが、そんな時に限って、突然テレビから金切り声のコマーシャルが聞こえてきたり、電話のベルが鳴ったりします。

 医療機関に行って血圧が上がるというのも、医師が見ている、看護師さんがそばにいる、周辺に他の患者さんが待機している等のざわつきを何となく体が感知し緊張するため、いわゆる「白衣高血圧」という状態になって数値が高くなるのではと思っています。

 そう考えると、「血圧のコントロール」というのが、実に難しいことだなと最近感じるようになっています。すべての刺激を排除して、いわゆる瞑想状態で血圧測定を行い、その数値が130/80以下なら問題ないのか?

 それとも日常生活のちょっとした時間の合間に測定した数値が130/80以下でないといけないのか?血圧に神経質になると、余計なことに気を使うことも増え、それによって血圧が上がるということもあるのではと危惧しています。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
393位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
88位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。