FC2ブログ
HOME   »  高血圧  »  第1828回 クモ膜下出血を経てから血圧が下がりました

第1828回 クモ膜下出血を経てから血圧が下がりました

  8/28に降圧剤のイミダブリル 2.5mgの半錠ですから1.25mgを再開して約10日が経過。今は上が110~130で下が65~80ぐらいで落ち着いています。

 今日は台風一過で猛暑がぶり返したせいか、110/70ぐらい。高血圧患者としてはほぼ理想かなという気もします。

 ちなみに私の血圧が、降圧剤を飲んではいるものの、ほぼ正常値になったのは3年前のクモ膜下出血を患った後からです。そもそもなぜクモ膜下出血を起こしたのかということが今でも謎に思われるのですが、一般的には脳動脈瘤が破裂したからと書かれています。

 しかしではなぜ脳動脈瘤ができたのかといえば、遺伝的要因もあるものの、どうやら高血圧によって血管の一部が傷ついたことが原因とされているようです。

 早い話が血圧が高いと血管壁にかかる圧力が大きくなり、血管壁にもろい部分があるとそこが膨らんで動脈瘤になるということですね。

 また高血圧歴が長いと、要因となった血液内の不純物により動脈硬化が進み、要するにひびの入ったホースのような血管になっているということも原因の一つのようです。

 振り返ってみると、私が「高血圧だから降圧剤を飲む必要があります」と言われたのが30代後半。仕事のストレスで暴飲暴食になったと思われますが、当時かかっていた医師は、血圧を測定して、「高いので降圧剤を飲みましょう」と言うだけで生活指導はなし。

 あの時医師が、「どんな生活をしていますか?」とか「血圧が高い状態が続くと動脈硬化を起こします」と丁寧に説明していてくれていれば、小心者の私は、もしかしたら自分なりに生活を改善していたのではという気もします。

 実際には「降圧剤を服用すれば安心」みたいな暗示もあり、その後何十年も服用することになったわけですが、時すでに遅しで動脈硬化が進行しクモ膜下出血を経験。

 幸いに処置が早かったのか、医師は「かなり危険な状態でした」とのコメントを後で教えてくれましたが、とりあえず手術は成功。

 数か月のリハビリを経て無事退院して今に至っていますが、手術直後から感じた高次脳機能障害の一つだと思われる「ふらつき」は3年後の今も継続。

 いまだに階段を降りるのが怖い。また踏ん張る足の位置が「気を付け」状態になると、バランスが取れなくなり体がふらつきます。

 他にも当初は味覚障害、短期記憶の喪失、車の運転でいつの間にか車が中央寄りを走るようになるなんて言う障害に気が付きましたが、これらはほとんど解消。

 残っているのがふらつきだけで、まあ日常生活の動きで気をつけていれば、何とか通常の歩行は出来るようになりました。で問題は高血圧。これが手術前後で激変。次回はそのあたりについて書きます。

 
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
27位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。