FC2ブログ
HOME   »  高血圧  »  第1829回 手術前後でどんな変化があったか

第1829回 手術前後でどんな変化があったか

  3年前のクモ膜下出血の手術を経てから血圧が下降。それまでは降圧剤を服用していても150/90なんて言う数字がちょくちょく表れていましたが、手術入院後は平均が140/80ぐらいに低下。

 ではこの手術前後で私の生活環境の何が変わったのか。手術そのものは緊急入院後すぐに行われたようですが、この間の記憶は全くなし。

 集中治療室と思われるベッドで目覚めたのが手術後3日ぐらいたってから?この辺りの記憶もあいまい。その後一般病床に移動しましたが、隣のおじいちゃんのいびきが大きく寝られない。

 大病の後なんだからと思い個室に移動。ここで一か月ぐらい、初期のリハビリを行いつつ療養生活。当初はベッドから起き上がるのも一苦労で、リハビリ室へは車いすで移動。

 その後歩行器、さらに自力でゆっくり歩いて移動。その頃に手術を行った大学病院からは、危機は脱して、あとはリハビリで体力をつけるだけだからと言われ、転院するようにさりげなく説得されました。

 というわけで息子に転院先の候補になりそうな病院を見てきてもらい、「良さそうだ」ということで転院を決定。転院先の病院でも個室を希望しました。

 その病院で高次脳機能障害を克服するための様々なリハビリを一か月半ぐらい。という経過を経て帰宅したわけですが、その後自宅で血圧を測ると妙に低い。

 この間に体や生活習慣で変わったこと、若しくは意識的に変えたことは以下の通り。

・ 健全な病院食になったせいか、体重が入院前の62kgから56kgぐらいまで減少。現在は57kgぐらい。身長が172cmありますから、健康診断ではやせ気味と指摘されますが、体が軽くなったという印象アリ。

・ 数か月の病院暮らしを契機に断酒。それまでは毎晩日本酒で2~3合程度を飲んでいましたが、手術を契機にこの3年間アルコールは1滴も飲んでいません。

 我ながらよく辞められたもんだと思っていますが、そのせいで血液検査の肝臓関連の数値も改善しました。

・ 朝食前にリハビリ病院で教えられた簡単なストレッチを実行。20分ほどで完結できるものですが、今も何とか続いています。

・ 朝食後に果物を摂取。手術前はほとんど果物を食べていませんでした。今は季節によって、リンゴ、ミカン、バナナを主として、ブドウ、スイカ、パイナップル等を毎食後必ず食べるようにしています。

・ 天気の良い日にウォーキング。気合を入れて歩くぞ、というようなことはなく、付近を散歩する程度。ただ今年の夏は猛暑で敬遠気味です。

・ その分の運動不足を補おうと市民農園で畑を借りて農作業。無農薬で作っていますので、体にも良いのではと思っています。

 というようなことをていたら、この3年間の間に徐々に血圧がさらに低下。一番影響が大きかったのは、断酒と果物摂取による体重減少かなと思っています。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
27位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。