FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第1839回 気象病の原因は気圧の変化ではなさそう

第1839回 気象病の原因は気圧の変化ではなさそう

  超大型台風は12日の夕方に伊豆半島に上陸。その頃の埼玉県の我が家付近の気圧は970hpa弱。上陸したころは雨だけでしたが、その後徐々に風が強くなってきました。

 その後しばらく自宅で過ごしていますが、激しい雨であちこちの河川の水量が増加というネットの記事を見て、実家の母親の様子が心配になり、夜6時ごろ風雨が強まる中、車で5分ほどの実家へ。

 行ってみると、すべての雨戸を閉めて家の中でテレビを見ているようでしたが、東側に家があるせいか、思ったほど風は強く感じませんでした。

 というわけで7時ごろまで実家で過ごし、再び自宅が心配だったので帰宅。すでに出かける前に強風対策として飛散しそうなものは片づけてあったので特に問題はなかったのですが、テレビやネットを見るとあちこちで増水中というニュース。

 風も徐々に強くなり、いよいよ中心の暴風域が近づいてきたなという雰囲気。しかしまあ後は運を天に任せて、強風で屋根が飛ばされないことを祈るしかない。

 そう思いつつ自分の体調を確認するとやはり息苦しさは感じません。しかし昨日書いたように台風上陸ぐらいから動悸を感じるようになりました。

 その間、気圧を見ると夕方から970hpaをず~っと維持している感じ。という事は気圧の急激な下降で感じている動悸ではなさそう。

 いつもより4%ほど低い気圧がず~っと続いているわけですが、だから低気圧で動悸を感じているのではとも考えましたが、だとすれば航空機で旅行をしているときも動悸を感じるはずですが、そういった経験はありません。

 つまり気圧が下降する過程でも、最低値で落ち着いた状態を維持しているときでも、航空機内では動悸を感じないので、だとするとこの台風接近時の動悸は気圧の変化とは関係ない?

 そんなことを考えながらいつもの習慣で10時半の就寝時間が近づいたので寝る用意をしていてふと気がついたら動悸が落ち着き始めていました。

 ネットで台風の現在位置を確認すると、ちょうど埼玉県をかすめて過ぎ去りつつある状態。つまり今回の動悸は台風上陸時から、最接近する過程で生じていたという事になりそう。

 ではこの間変化していた気象条件は何か?気圧の変化の影響はそれほどでもないと考えると、早い話が原因不明。やっぱり不安かなあという気もしますが実に不思議。

 その他の気象の変化は湿度ですが、これも常時ほぼ100%で大きな変化はなし。風の変化は大きいかも。潜在的に風が強くなってくることを意識して不安を感じていたのかも。

 しかし、気象病、なかなか原因の特定は難しそうです。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。