FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第1840回 気象病の原因は減圧によって神経系への圧迫が起きること?

第1840回 気象病の原因は減圧によって神経系への圧迫が起きること?

  気象病は気圧や湿度には直接関係なさそうだと思えるようになったのですが、だとしたら原因は何だ?と考えてしまいます。そこでネットで「気象病 原因」を使って調べてみると、以下のような記述が見つかりました。

・ 気圧の変化で内耳が影響を受ける

・ 気圧の変化で自律神経が活性化または乱れる

・ 気圧、気温、湿度の急激な変化に人体が対応しきれない

・ 体内にヒスタミンまたはヒスタミン様物質が動員され、体内の水分が貯留することによって・・・(日本大百科全書の解説)

・ 気象の変化がストレスとなり、下垂体前葉、副腎皮質系が作動するため(日本大百科全書の解説)

・ 気温、湿度、気流、気圧、放射線、イオン。大気中の各種エーロゾル物質と生体との関連(世界大百科事典)

 一方私は耳が聞こえにくくなる等の異常しか感じない航空機離陸時の減圧ですが、jこれについてJALのページで興味深い記述を発見。要約すると

・ 高空で水平飛行中の機内の気圧は0.8気圧ぐらい。つまり810hpaで、今回の台風の気圧よりかなり低い。

・ 気圧が低下すると体内のガスが膨張し、患部や内臓を圧迫。

・ 呼吸困難や中耳炎を起こすこともある。

・ 気圧の低下に伴い機内の酸素の圧力も地上の80%程度に低下。呼吸器、心臓、脳血管が影響を受ける

 これを読むとちょっと飛行機に乗るのも怖くなりますが、この内容に気圧に関する気象病の原因が隠されているのかも。早い話しが、体内のガスが膨張という部分に注目。

 飛行機の場合はこれが15~30分間に起きることになりますが、台風の場合は数時間かけて起こるという違いがありそう。という事は飛行機では、耳が聞こえにくくなる程度の異常しか感じない私は、気圧が時間をかけてゆっくり下がるという状態が体に悪影響を及ぼすという事になりそう。

 つまり体内のガスがゆっくり膨張し、それが周囲の組織特に神経系統に影響を与えると、その神経が調整している内臓の働きに影響が出るという事です。

 要するに肺をコントロールしている神経が影響を受ければ息苦しくなり、心臓の拍動をコントロールしている自律神経系に影響が出れば動悸を感じるという事になりそう。

 もちろん個人的な考えですし、だからこうした方が良いというアドバイスも出来ませんが、原因の一つと考えても良さそうな気がしてきました。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。