FC2ブログ
HOME   »  くも膜下出血  »  第1852回 MRI検査、結果は問題なし

第1852回 MRI検査、結果は問題なし

 昨日からの続きです。昨日書き忘れましたが、私が受診している病院に設置されているMRI検査の機械は、横になるベッドが結構高い場所にあります。

  他の病院の場合がどうなのかは良く分からないのですが、このベッドに寝るために3段ほどの階段を上る必要があります。上ったベッドの上で横になりますが、ベッドの幅も狭いので寝返りは打てない感じ。

 検査はもちろん上を向いた状態で「頭を動かさないように」と指示されるので、寝返りを打つ必要はないわけですが、高い場所の狭いベッドの上で寝ているという認識は結構怖いです。

 それはそれとして検査が始まるとあちこちから大きな音が聞こえてきます。「あれはいったい何の音なんだろう?大きな磁力が発生しているだけなんだから音なんてしないはずでは」と思って調べてみました。

 すると小学生が作るような電磁石を思いだせばいいのですが、磁力を発生させるためには電気を流す導線に電流を流す必要があります。

 で問題はMRIですが、この電流で電磁石を作り、我々の体内にある水分の動きを調べて画像化しているという事のようです。この時磁場を発生させたり消したりすることによって、水分子を動かしているような説明です。

 つまり単純に磁場を発生させているだけでなく、磁場そのもののオンオフを行っているようで、簡単に言えば磁石にしたりしなかったりを高速で繰り返しているという事です。

 で問題はその磁力によって磁場を発生させているコイルそのものも影響を受けて動いてしまい、その時に音が出るという事のようです。

 「なるほどなあ」という気もしますが、何だかやはり血液内の水分子が高速で動く磁場の影響を受けていいのか?という気もします。

 言ってみれば電子レンジみたいなもんだなという気もするのですが、電子レンジは電波。MRIは磁場という違いがあるようです。ただ磁場と電波は電磁気学的には似たような性質を持っているはずなので、気にはなります。

 というわけで、約20~25分で検査が終了。この間数回つばを飲み込んで顎がちょっと動いてしまいましたが、特に問題はなかったようです。

 終了後ベッドから降りるのがまた大変。この時間ず~っと仰向けのままですから、急に上半身を起こすと立ち眩みに似た症状も出ます。

 しかもベッドが高い場所にあるので、適当な場所につかまりながら慎重に降りて一息。ロッカーで自分の手荷物を取り出し、診察(結果)を待ちます。
 
 15分ぐらいの待ち時間で名前が呼ばれ診察室へ。脳内血管の鮮明な画像を見ながら医師が説明してくれますが、基本的に1年前と同じということで問題なしの判定でした。

 ただ「高血圧症状があると、突然悪化することがあるので血圧管理に注意が必要」とのことでした。というわけで、無事検査が終了。次は半年後の頸動脈の超音波検査です。ちなみに検査料は7000円弱でした。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。