FC2ブログ
HOME   »  ★健康維持  »  第1855回 新型肺炎が猛威?対策はいつもの方法

第1855回 新型肺炎が猛威?対策はいつもの方法

 中国の新型肺炎は中国全土だけでなく、世界中にも拡散。連日発表される数値が上昇。今日の時点で私がニュースで確認した数値は、中国国内での総感染者数は1287名。

 亡くなられた方は41名。重症者は237名ということで、全世界を考えると1300名以上という数値が出ています。またここにきて、致死率はSERSやMERSに比べて高くないものの(3%前後?)、感染力が高いという記述も見られ始めました。

 1月当初は人から人への感染は見つかっていないという強気のニュースもありましたが、今はもう人から人への感染が存在するという事が共通認識になったようです。

 さらに現地では隔離するためのベッド数が足らず、なおかつ診断を確定するための検査キットも不足しているという事らしいので、要するに症状があっても、新型肺炎と認められていない人も多そう。

 また通常の肺炎のような高熱を出すことはなく、咳やくしゃみの軽い症状で収まる人もいるようです。とはいえ、ご本人が収まっても、咳やくしゃみによる飛沫感染はありそう。

 という事は、本人は元気だし旅行に行けると判断して、出かけた先で感染を意図せず広げてしまうという現象も起きそう。

 ということで、中国当局は、ここにきて事態の進行が予想外という事を認識したのか、武漢の交通機関を閉鎖という荒療治に乗り出しました。

 しかしその処置がとられる前に運よく?抜けだした人がすでに世界各国に散らばっています。この病気の潜伏期間は3日から12日なんて言う記述もありましたので、この潜伏期間中に旅行に出かけていれば、旅行先で発症という事もあり得ます。

 私自身旅行が好きなので、封鎖処置がとられる前に脱出できれば安心だなという気もしますが、自分が感染していて脱出先で感染を広げてしまう可能性を考えると、旅行に行くのは自粛するだろうなという気もします。

 しかし現実は甘くないようで、脱出出来てラッキーなんて考える人が、ブログやインスタグラムにその情報を嬉しそうに公開しているのを見ると、「こりゃ世界中に感染が広がるな」という予想をせざるを得ません。

 さてどうなるのか?今後の推移を見守るしかないのですが、人から人への感染が飛沫感染であると分かってくれば、観光地や買い物で人ごみの中に行かないというのが第一条件。

 次がマスク着用。ただし防御の意味ではあまり効果がないというコメントもネットでは見受けられます。しかし感染源が飛沫なら、PM2.5用の目の細かいマスクなら効果はありそう。

 また手洗いは有効。手先でいろいろなものに触るのは日常的にやむを得ない行動ですが、その際にウイルスが付着する可能性があるということで、その意味では鉄道を利用しても迂闊につり革等は触れないなという気もします。

 さらにうがい。本来なら鼻のうがいもするといいのかもしれませんが、私はできません。あとは前回も書きましたが、自身の免疫力向上のために体力をつけることでしょうか。

 しかしちょっとした風邪でも薬で治すと考えている人が多い現代社会で、マスク着用、うがいや手洗いの励行というのは、何とも古めかしい対策だなという気もします。
  
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。