FC2ブログ
HOME   »  歯の治療  »  第531回 親知らずの生え方が悪くて困っています

第531回 親知らずの生え方が悪くて困っています

 今日は午前中歯医者さんに行ってきました。歯医者さんが好きな人はあまりいないと思いますが、私はともかく大の苦手です。

 歯医者さんの建物に入った瞬間に臭う消毒薬と、静かな空間に漂う不気味な回転音、時折聞こえるコンプレッサー?から出る空気の音が聞こえると、もうそれだけで目が回りそうです。

 いい年をしてしょうがないなあ、と思うのですが、これまでの歯医者さんの経験がトラウマになっているのかなとも思えます。

 歯石をとりましょう、と言いながら、遠慮なく歯と歯茎の間までブラシ?を突っ込んで、「痛かったら手を挙げてください」というから、素直に挙げているのにちっともやめようとしない医者が何人かいました。

 そうなると、「キュイーン」といいながら歯の表面を削ろうとするだけで、いつそれが歯茎のキワに接近するのか気が気ではなくなり、思わず肘掛けを必死につかんでしまうということになります。

 歯医者が嫌い → 歯石がたまる → ようやくの思いで歯医者に行く → 痛い目にあう → 二度と行くものかと思う → 歯石がたまる。これの繰り返しです。

 どうせなら全身麻酔で、何も分からないうちにすべての歯を入れ替えられたらどんなにいいだろうかと思いますが、歯医者の治療は、虫歯一つ取っても何ヶ月もかかり、その度に痛い思いをするので本当に困ります。

 今私が困っているのは、親知らずです。もともと下あごの骨格が小さいので、歯並びが悪く、親知らずが斜めに生えています

 本来なら抜いてしまうわけですが、斜めに生えてそのまま一番奥の歯の横っちょにぶつかる形になっているので、抜くためには大学病院で切開が必要だと言われています。

 そんな話を聞いたら、ますます歯医者に行く元気がなくなりました。歯医者に行きたくないので、歯磨きは割りに丁寧にやっているつもりです。しかし疲れがたまってくると、その奥歯と親知らずが衝突している部分あたりで、何となく鈍い痛みを感じたりします。

 そうゆう時は、逆にこれが疲れのサインだと判断し、よく寝るようにすると、いつの間にか痛みはひいています。まあ自身の健康状態のバロメーターになっているわけですが、いずれ炎症がひどくなったら抜かなくてはいけないんだろうなあと思い憂鬱です。

 そもそもなんで忘れた時期に親知らずが生えてくるのか、単に邪魔なだけの歯だと思えるのですが、なんか意味があるのでしょうか?

 調べてみると、親知らずは現在退化する過程にあるみたいですね。つまり現世の人類にとってはほとんど必要ないということです。ただウィキペディアあたりを読むと、他の歯が欠損した場合、親知らずで代用できる事があるとも書かれているので、全く役に立たないわけではなさそうです。
 
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。