FC2ブログ
HOME   »  気管支、肺  »  第642回 運動と食事で息切れを改善

第642回 運動と食事で息切れを改善

 呼吸筋を鍛える方法は、「呼吸筋を鍛える」という用語で検索すると多数のページが出てきますね。いくつか読んでみましたが、基本的には意識して腹式呼吸をすることが良さそうです。

 そう思って自分の何気ない呼吸を意識してみると、肺の上の方しか使っていないような気もします。意識して肺の奧まで息を吸うまたは肺の奧から息を吐き出す、というイメージが必要なのかもしれません。

 当然ながら筋肉が硬くなっていれば呼吸も厳しいわけですから、上半身のストレッチが良さそうです。ただこうゆうストレッチは、思いついたときは出来ますが、日常的になかなか長続きしないです。

 その意味では私がいつもやっているウォーキングはどうなんだろう?と思って調べてみると、やはりウォーキングは呼吸筋にも良い影響を与えるようです。

 ということは、散歩のつもりでだらだら歩くのもいいのですが、それより早足で呼吸を意識しながら、姿勢にも気を使って歩いた方が良さそうです。

 さらに日常生活の中では自転車はどうだろうか?と調べてみると、これまた有酸素運動ですから良いみたいです。結局ストレッチ云々もいいのですが、基本的に動き回ると言うのが一番ですね。

 次に年齢と共に硬化しつつある筋肉をどうすればよいのか?ということを考えてみると、これは血の流れが悪いために、筋肉の細胞への栄養素の運搬と老廃物の排出がうまくいっていないからだと思えます。

 その意味では、私自身自覚のあるドロドロ血液による高血圧症状は改善しないといけないと言うことになります。基本的には脂肪等をとりすぎないことに尽きると思われますので、食べ過ぎに注意しながら、これまた運動をすると言うことになります。

 最後に赤血球そのものの働きですが、貧血症状があると、当然酸素の運搬量も減りますから息苦しくなるはずです。ではどうすれば良いか。

 体に赤血球が足りないよと教えてあげればいいわけで、そのためにはやはり運動をするのが一番よいと言うことになります。

 もちろん食事でも鉄分やビタミンCの補給により貧血症状の改善が期待できます。しかしだからといって鉄剤をサプリで摂ると言うのもどうかなと思えます。

 農家の方が80歳になってもクワを使って畑を耕すことが出来るのは、もちろん慣れもあるでしょうが、やはり普段から畑仕事を行っているため、それが自然な運動となっていると思えます。

 また新鮮でおいしい野菜を食べていれば、自然に貧血症状も改善し、息切れ等も起こりにくくなるのかなと思えます。

 と言うわけで、以前にも健康維持を追究すると同じ結論になった気がしますが、運動と食事に気をつけるというごく当たり前のことによって、息切れ等も改善できるという結論になりました。
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。