FC2ブログ
HOME   »  視力、目  »  第692回 アントシアニンは網膜に良いそうです

第692回 アントシアニンは網膜に良いそうです

 車で移動中、何気なくラジオを聞いていたら、アントシアニンという物質が目に良い、という話をしていました。どうして目によいのかと言うことはよく分からなかったのですが、なんだか網膜を構成している物質の元になるのだ、という説明をしていたように記憶しています。

 そこで家に戻ってネットで調べてみたところ、確かにアントシアニンは視力回復に効果がある、なんていう記述が見られます。

 もしそれが本当なら視力の弱い(近眼、乱視、老眼をすべて併せ持つ)私のような人間には朗報だなと思い、先ずはアントシアニンが含まれている食べ物を調べてみました。

 私の知識ではアントシアニンは紫色の色素だと思っていたのですが、実際には赤や青色も呈するようです。ただ基本的には紫色になると思います。

 で紫色の食べ物はと考えると、ネットではブルーベリーという語句が飛び交っていますが、実際にはブドウ、イチゴ、紫キャベツ、ナス、黒豆、紫サツマイモ、赤シソなどに多く含まれています。

 ただしこれらの食べ物に多く含まれていると言うことであって、その他の食べ物に含まれていないという訳ではないと思います。つまり普通に野菜や果物を食べていればいいという結論になるのだと思いますが、それでも気になる人はこういった色の付いた野菜や果物を多めに食べるよう意識すれば良いだけです。

 で問題は、このアントシアニンに本当に視力回復効果があるのかと言うことだと思いますが、ネットの情報でその作用について詳しく説明されたものは見つけることが出来ませんでした。ただ単に目によい、という記載が多いです。

 そこでラジオの内容で小耳にはさんだ、網膜への作用に注目して「アントシアニン 網膜」という語句で検索してみると、ようやくその原理が分かってきました。

 簡単に言うと網膜を構成している細胞の中にロドプシンという物質があり、これが光を感知すると化学変化を起こすことを利用して、我々はものを見ている事になります。

 でアントシアニンは、このロドプシンが再生するときにその反応を助ける作用があるみたいです。このロドプシンの再生が不十分だと光を感知する力が弱くなり、ものが見えにくいという状況になるのかなと思えますが、であるならば普段きちんと見えている人が、あえてアントシアニンを意識する必要はなさそうです。

 また私のような近眼老眼乱視という場合、これは水晶体や角膜等に問題があるわけですから、アントシアニンを食べることによって視力が回復するまでには至らないように思います。

 ただアントシアニン自体には、ロドプシン再合成以外の働きもあるようですから、食べないよりは食べた方が体によいと言うことになり、これは野菜や果物全般に言えることだと思います。
  
 従って「目が疲れる」時は「ブルーベリー」を食べればよいとか、その他の健康補助食品を食べればよいと言う単純な結論にはなりません。むしろだからこそ野菜や果物をたくさん食べましょう、と言うのが正しい結論のような気がします。 
 
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。