FC2ブログ
HOME   »  悪性腫瘍関連  »  第723回 アポトーシスに関心を持ちました

第723回 アポトーシスに関心を持ちました

 昨日からの話の続きですが、今日は車で30分ぐらいの所にある比較的大きな本やさんに行く機会があったので、少し医学関係の本を立ち読みしてきました。

 昨日まとめた内容の先を考えるヒントがあればなあと思っていたのですが、本当の医学関係の専門書を除いた、いわゆる家庭医学のコーナーには、ガンについての様々な書籍がありました。

 そしてその背表紙に多く見られる語句は「食事」と「免疫」です。食事を変えればガンの予防や再発防止になるとか、免疫を活性化させればガンが消えるのでそのために・・・・、と言う本がものすごく多いですね。

 そういったことももちろん大事なのかなと思っていますが、どうも根本的なところで誤魔化されているような気がしてしょうがないです。

 食事一つ取っても、これを食べれば体によい、と単一の食品を勧める書籍もあるし、食事はバランス良くと書かれたものもあるので、両者は矛盾します。

 脂肪は良くない、肉は良くないと書かれた本もありますが、一方で脂肪や肉類はエネルギー源であって、適度な摂取をすることにより日本人の寿命も延びてきた、という意見もあります。

 菜食がよいとか、玄米が一番とか、まあともかく百花繚乱、どんな食べ物でも、どんな食べ方でも、理由をつければすべて食事療法になってしまうな、という感想を持ちました。

 また免疫は、病的に普段から免疫が衰えてしまっている人がいるなら別ですが、ごく普通に生活が出来ていれば、ごく普通に免疫ははたらいているわけで、そこからあえてさらに免疫を強化するという意味合いがよく分かりません。

 そもそもガンが発症したのは免疫が衰えていたからだ、と原因を分析した臨床例も見あたらないような気がします。つまり免疫は衰えていたのではなく、しっかり働いていたが、ガン細胞の増殖を検知できなかったか、増殖の勢いに負けてしまったかのどちらかではないかと思えます。

 そう考えると、ものは言いようでなんとでも解釈できるからこそ、本やさんに耳障りの良い免疫と食事療法という言葉が並ぶのかなと疑ってしまいます。 (もちろん大多数の著者はそれが一番よい、と考えて書かれているのだと思いますが)

 しかし昨日書いたように、健康な人でも毎日数千個のガン細胞が生まれていると言うことは間違いないようですから、それなのになぜ普通の人はガンにならないのか、という予防や対策ではなく、ガンにならない理由を知りたいです。

 そりゃ免疫があるからだよ、と言われれば、まったくその通りで、また元の議論に戻ってしまうのですが、本屋さんで気になったのはアポトーシスです。何故ガン細胞は自分自身で自滅しないのか。

 素人の考えですから、適当に読み飛ばしてくれればいいと思うのですが、個人的にはアポトーシスのメカニズムというものに興味を感じてきました。

 通常の自滅する細胞と自滅しない細胞の違いは何かということです。もう少しアポトーシスの働きそのもについて勉強が必要だなと感じました。  
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。