FC2ブログ
HOME   »  インフルエンザ、風邪  »  第796回 マイコプラズマ肺炎、大流行みたいです

第796回 マイコプラズマ肺炎、大流行みたいです

 今日は昨日より咳が強くなりました。喉の痛みはありません。咳止めを飲んでいるのでそれほど激しい咳は出ませんが、もし飲んでいなければ、ひたすらコンコン咳をしそうです。 常に喉の奥に何かイガイガしたものが詰まっている感じです。

 しかし、私の症状が本当にマイコプラズマ肺炎かどうかは血液検査等をしないと分かりません。また、分かったとしても、すぐに抗生物質を飲んで効くとは限らず、むしろ自分の免疫力が弱くなることも予想できますので、通常よりもちょっとたちの悪い風邪として対処しています。

 それはそれとして、ノロウイルスが流行っていることは分かっていますがマイコプラズマ肺炎はどうなんだろうかと調べてみると、朝日新聞のサイトに「マイコプラズマ肺炎が大流行」という記事が出ていました。

 この記事にはグラフも出ていますが、今年は過去3年間に較べてもかなり高い数値を示しています。ただ残念ながら11月以降のデータはこの記事には出ていません。(10月31日付けの記事ですから当たり前ですが)

 この記事によれば、ピークは12月から1月と書かれていますから、今まさに大流行をしている時期です。

 そこでもう少し新しいデータはないのかなと検索してみたところ、11月26日付けの「マイコプラズマ肺炎の流行について」という記事が愛媛県から出ていました。 

 ここに出ているグラフでは、11月はひたすら右肩上がりです。これは幼児や高齢者がいる家庭では注意しないといけません。

 私の場合はもともと喘息持ちなので、喉がイガイガしてくるとさらに呼吸が苦しくなるような気もしてきます。息子からうつされたと思っていますが、息子はだいたい5日間で回復。

 ということは私の場合、もう少し回復は長くかかると思いますので、咳が減っていくのは今週後半以降かなと思えます。

 ちなみに息子は症状が出てから、食事をするとき以外はマスクをしていました。私も食べ物に関してはすべて息子の分と別にして感染しないように気をつけていました。

 また息子は食事以外の時間は自分の部屋で過ごしていましたので、感染することはないだろうと判断していましたが、それでも感染したと言うことは、かなり感染力が強いと思わざるを得ません。

 しかし潜伏期間を見ると2~3週間となっていますから、息子が感染していたときは、すでに私も感染していたことになり、ということは12月初旬にすでに感染していたわけで、症状が出てから感染防御に努めても遅いという結論になります。 
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。