FC2ブログ
HOME   »  アレルギー、花粉、喘息  »  第800回 喘息患者はマスクをして寝るといいみたいです

第800回 喘息患者はマスクをして寝るといいみたいです

 きりの良い800回まで到達です。とりあえずの目標は1000回でしょうか。健康についていろいろ自分なりに調べ、自分の体調管理と照らし合わせることによって、ずいぶん健康に関する知識が増えた気がします。

 それが健康に直結しているとは言いませんが、とりあえず子どもの頃から虚弱体質と呼ばれてきたにも拘わらず、ここまで大病もせず、入院もせずに来たことは、ある意味日常的に健康に気をつけてきた成果だと思っています。

 後一ヶ月ぐらいで、自分でも信じられませんが60歳という年齢に達します。私の父は私が学生の時51歳で逝去。心筋梗塞だったので、倒れたと思ったら翌日は他界。

 それまで狭心症を数回経験していましたので、本人も気をつけていたのだと思いますが、アルコールと寒さそして喫煙や甘い物好きが血管に悪影響を及ぼしていました。

 今なら倒れる前に血管のバイパス手術等で助かったかもしれないなと思えますが、当時の技術では無理だったようです。その後突然遺族となった母親と私、そして妹の3人の生活が始まりましたが、大黒柱を失うという影響は本当に大きいなと感じました。

 その意味では私自身は人一倍健康に気をつけて、少しでも長く生きていられればなあと感じています。

 しかしそれはそれとして、私の記憶に残っている父親の最後の年齢は51歳です。所が私の今の年齢は59歳ですから、すでにイメージできる父親像よりも自分の方が年上になっているわけで、なんとなくいつも自己矛盾を感じます。

 自分より年下のあの頃の父親やいったい何を考えていたのだろうか。自分の息子(私)に対してどのような目で見つめていたのか。時々気になりますが、今となっては分かりません。

 ただ今私には息子がいますから、その息子を見つめる目や感情と同じ物をきっと感じていたんだろうなとは思います。

 800回と言うことで少し私的なことを長く書きました。本来書きたかったことはこのニュースです。インフルエンザやマイコプラズマ肺炎、ノロウイルスといろいろな感染症が取りざたされ、私は寝ているときはマスクをするようにしています。

 その方が喉が乾燥しないので風邪をひきにくいと言うことが分かったからですが、もう一つ喘息持ちの私にはメリットがありました。それはマスクをすることによって、枕や布団に住み着いているダニ等を吸い込まなくてすむということです。

 寝てしまえばはずれてしまうこともあるマスクですが、これによって冬場に風邪をひく確率は減ったように思います。一方子どもの喘息への影響を調べた研究があり、その結果、就寝時のマスク装着は子どもの喘息に効果ありという報告が出ていますので、喘息症状を抱える子供さんがいる家庭では実践されると良いかもしれません。

 記事は「マスク装着就寝で、子どものぜんそくの悪化を5割低減可能-ユニチャームなど」という記事です。
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
27位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。