FC2ブログ
HOME   »  自律神経失調症  »  第806回 早期退職以降の健康状態を振り返ると

第806回 早期退職以降の健康状態を振り返ると

  おはようございます。いよいよ2012年最後の日です。今年1年、たまたま検索で見つけて読んでくれた方、ありがとうございました。ブログでは日々思ったことを書き散らして、まとまりのない状態ですが、それらをジャンル別にまとめ直した「高血圧、アトピー、健康生活」というサイトも運営していますので、こちらも併せて、来年もよろしくお願いいたします。

 このブログを書くきっかけになったのは、ブログの説明文に書いたように、妻の突然の病死で父子家庭となり、仕事の忙しさや重圧により体調不良。そこから逃れるためには早期退職しかないという判断で現在に至っています。

 ただ早期退職後も、ともかく自分自身の健康を維持しないと父子家庭生活がうまくいかなくなるという危機感を持っていましたので、それまでの自分の病歴と併せて、自身の健康を維持するためにはどうしたらよいのか、と言う観点でこのブログを書いてきました。

 そういった意味では、話題があちこち分散しまとまりのないものになっていますが、それらをジャンル別に上記のサイトでまとめ直しています。

 で現状ですが、何回か書いていますが早期退職直後の4月に大きな開放感があり、血圧は一気に20ぐらい下がったように感じました。

 また風邪をひくことが減りました。それまでの仕事が学校という現場でしたから、生徒から風邪をうつされると言うことも多かったようにも思いますが、それよりも風邪をひいても症状が重くならないことが新鮮な驚きでした。

 1年後に、たまたま元の職場で今度は非常勤講師をやることになったのですが、早期退職直前の私の様子を知っている先生は、口を揃えて「元気になった」と言ってくれました。逆に言うと、当時はそれだけ辛い表情をしていたと言うことかも知れません。

 自分の表情を鏡で見ると、残念ながら年相応に老けてきて、あまり注視できるものではないなと思いますが、ふと気がついたのは、ひところ増えていた白髪が減りました。ただし髪は薄くなっています。白髪はストレス、薄い髪は年齢の影響だなと思っています。

 早期退職前から折に触れてウォーキングを行っていましたが、歩く距離は変わらないものの、ウォーキングの質が変わったように思います。

 早期退職前は、歩くことがストレス解消になっていたと思いますが、今は歩くことが健康維持に役立っているという意識を持ち、また歩いている最中に川辺の野鳥や昆虫、植物に目がいくようになりました。心に余裕が出来たのかなと思っています。

 というわけで、改めて振り返ってみればすぐに分かることですが、フルタイムでの勤務が如何にストレスが多かったかと言うことだと思っています。

 私はこのブログや上記のサイト以外に、私の妻に振りかかった病気の原因というか、治療について、もう少し詳しく知りたいと考え、今「悪性リンパ腫との闘い」というサイトでガンについて調べ、分かる範囲でまとめています。

 もともと結論の得られないものだとは承知していますが、これまで自分なりに本を読んで調べて結論では、ガンの原因として大きな要因となっているものが「ストレス」と「血行不良」ではないかという疑いを持っています。

 働き盛りの人の場合はストレスが血行不良の引き金となり、高齢者の血行不良は、高齢による動脈硬化等が原因ではないかと考えています。

 来年はもう少し勉強しないといけないなと思っていますが、自身を振り返ってみればストレスの体調に及ぼす悪影響は明白です。とはいえストレス無しで仕事をするなんてことは不可能ですから、如何にストレスをコントロールするかと言うことが大事なのかもしれません。

 それでは皆さん来年もよろしくお願いします。

関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。