FC2ブログ
HOME   »  アトピー性皮膚炎  »  第815回 新品のシャツは洗ってから着ています

第815回 新品のシャツは洗ってから着ています

 昨日から非常勤講師の仕事が始まり、久しぶりに忙しい1日となったため更新が出来ませんでした。ただ一昨日に続いて、昨日もウォーキングには行ってきました。

 出かけた時間が夕方4時過ぎだったので、歩いている内に陽がどんどん傾いて、やがて西の方の空にかかっている雲の中に入ってしまいました。同時に気温が下がることもよくわかり、必然的に歩く速さも早くなりました。

 ジャンパーを着ていましたので、襟を立てれば首筋は何とか守れますが、出来ればマフラーが欲しいなと感じました。その昔、福袋の中にマフラーが入っていたので、一時期これを使用していたことがあるのですが、普段繊維製品が接しない首の回りに、カサカサしたマフラーを巻いたため、5分もするとムズムズしてきます。

 「あ~、折角買ったのに」と思いながらそれ以後使用中止。どうもアトピーは普段布が接していない部分に布の摩擦が起きると痒くなることが多いです。

 以前ほどひどくはありませんが、シャツやパンツと言った下着類も、買ってすぐに利用すると、必ずと言っていいほど皮膚が赤くなりムズムズしてきます。

 しょうがないので、すべての衣類は買ってきてもすぐに着用せず、面倒でも洗濯をしてから着るようになりました。同様にシャツやTシャツに付いている衿のタグも痒くなるときがあります。一時期は買ってすぐにハサミで切り落としていました。

 それはそれで良かったのですが、タグを切り落とすと、どのメーカーのTシャツだったか分からなくなってしまい、その後の購入時に参考にならないという欠点がありました。

 ネットで、「新品のシャツで痒くなる」と入力して検索すると、やはり似たような悩みや感覚を持っている人は多いですね。奈良県のページでは「ホルムアルデヒド」が基準値以上に残っている可能性があるという指摘があります。

 その他最近では柔軟剤等の仕上げ加工で様々な薬剤が使われているはずです。基本的には最終工程でこれらの薬剤は洗浄、除去されているはずですが、価格を抑えようとすればそういった手間は極力抑えようとするのが当たり前でしょうから、普段からアトピーやアレルギー等の症状がある人は、やはり面倒でも洗ってから使った方が良いように思います。

 特に乳幼児の場合は、自分で訴えることが出来ませんから、お母さんが注意するしかありません。

 寒いこの時期、暖かそうな服を子どもに着せてあげるのはお母さんの気持ちとして当たり前だと思いますが、自分がアレルギー持ち(花粉症等の軽い症状も含めて)である場合は、子どもの皮膚の状態にも気をつけた方が良いと思います。

 我が家の息子は、花粉症ですが、喘息やアトピーの症状はほとんどありません。しかしやはり一時期Tシャツのタグで痒みを訴えたことがあります。

 体調にもよるのだと思いますが、こういった些細な事でもアレルギー症状が起きると言うことを知っておかないといけないなと感じます。

 今回給食を食べて亡くなられた児童がいるというニュースを見て、あらためてアナフィラキシーの恐ろしさを実感しています。 
 
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。